懸樋工務店

  • サイト利用規約
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ

ホーム > 懸樋のブログ > 03懸樋工務店がご提供する建物一覧

懸樋のブログ

鳥取県八頭町 大江ノ郷ヴィレッジ

昨年から鳥取県八頭町で工事をしていました『大江ノ郷ヴィレッジ』が完成、オープンしました!
os1.jpg


os2.jpg
造成工事から始まって最初はこんな感じだったんですよね。
地鎮祭が昨年の9月に行われました。

os4.jpg
基礎工事がつい最近のようです。

os5-2.jpg
この現場では特に当社の若手社員ががんばって、活躍してくれました。
(ちなみに左の二人は新入社員です)

os6.jpg
建方が済むと建物の大きさや形がわかるようになります。

os7.jpg
内装工事や設備工事をして完成です。

os8.jpg
とにかく照明器具のひとつひとつが個性的fです。

os9.jpg


os11.jpg
竣工式にはたくさんの方々がいらっしゃいました。

os12.jpg

os10.jpg
社長様が丁寧にコンセプトなど説明されました。

os13.jpg
建物以外の家具やインテリアが気になってしょうがないです(^^)

os14.jpg


os15.jpg

os16.jpg
またご案内します。


鳥取県鳥取市 特別養護老人ホーム のでらはまゆう

当社で施工させていただいた鳥取市野寺の特別養護老人ホーム『のでらはまゆう』です。

nh1.jpg
鳥取の市街地からすぐのとこなんですが、まわりを田園風景に囲まれてとてもロケーションがいいですね。

nh2.jpg
こちらの賛幸会様は『自分らしさ』を尊重されており、全部屋個室の70床となっています。

nh3.jpg
夜景もいいですね。

nh4.jpg
とても落ち着く環境です。

nh5.jpg
とても広々としたエントランスです。

nh6.jpg
こちらの施設は地域と共に暮らしていくというコンセプトになっていて、建物内にはいつでも地域の方々が利用できるスペースがたくさん用意されています。
こちらのカフェコーナーや、

nh7.jpg
共生ホーム、

nh8.jpg
足湯もあります。

nh9.jpg
居室も広々していますね。

nh10.jpg
入所者ひとりひとりにあった個別ケアを提供し、穏やかな生活を送っていただけるよう支援されています。


「夢をかなえる白の邸宅 ラ・メゾン・ド・ブランシュ」

夢をかなえる白の邸宅 ラ・メゾン・ド・ブランシュが完成いたしました。
前回に引き続きお手伝いをさせていただきました。

今回は、『真っ白な邸宅を、思い描いた夢で彩って、世界にひとつだけの結婚式を』がコンセプトとなっています。

00.jpg
『夢をかなえる白の邸宅』

02.jpg
上空からの全景です。
ブランシュ様は、チャペル、披露宴、レストラン、着付け、ドレスのレンタル、写真撮影などすべてこちらにそろっています。

03.jpg
夜にはまた別の表情になりますね。

07.jpg
チャペルへの回廊も新しく整備されてとても便利になりました。
芝生がきれいですね。

06.jpg
ムーディーです!こうゆうとこ歩きたいですね(^^)

13.jpg
『ゲストの笑顔を近くに感じるチャペル』

17.jpg
『一番多くのありがとうが集る場所』

19.jpg
今回増築されてとても広くなったんです!

23.jpg
こちら見えるからお庭がほんっと最高なんです!!

22.jpg
ここからもムーディー!(2回目w)

04.jpg
鳥取市青葉町の『ラ・メゾン・ド・ブランシュ』様は"たくさんのありがとう"に包まれる空間を目指されています。
お客様と一緒になって楽しむ!それが、ラ・メゾン・ド・ブランシュ流です。
ヨーロッパ感あふれる素敵な空間にありがとうがあふれ、そしてとってもアットホームなんです。


住宅型有料老人ホーム エルスリー鳥取 鳥取県鳥取市 

何年かにわたり建築中だった住宅型有料老人ホームエルスリーシリーズのご案内です。

es0.jpg
敷地の中心にデイサービスを、そしてその周りに住宅型有料老人ホームが配置されています。
こちらの施設を利用されている方はもとより、近隣の方もこちらのデイサービスを利用することができます。

es1.jpg
こちらが4番館で、奥の建物が3番館です。

es3.jpg
約500㎡のコンパクトな建物ですが、16室の居室があります。

es4.jpg
こちらがエントランスで来客者からの配慮もされています。

es5.jpg
事務所からは来客、食堂コーナーが見渡せるようになっています。
資格を持ったヘルパーさんが24時間常駐し夜間も巡回します。
生活支援はもちろん、緊急時の対応もきちんと考えられています。

es6.jpg
コンパクトな施設ですが食堂コーナーはゆったりしています。

es7.jpg
事務所スペースは壱番館に本部機能を持たせていますのでコンパクトです。

es8.jpg
お風呂コーナーも広くて段差もありません。

es9.jpg
トイレもゆったり広くて安心ですね。

es10.jpg
厨房も本格的な設備がそろっていて、食事サービスも充実し健康管理をされています。

es11.jpg
2階へはエレベーターがあります。

es12.jpg
車いすでも余裕があり、ベッドも入る本格的なエレベーターです。

es13.jpg
各居室も基準より広めにつくってあり、

es14.jpg
すべてのお部屋にトイレと手洗いがあり安心ですね。


es15.jpg
このたびご提案させていただいたこのエルスリーシリーズは、コンパクトな施設でありながら入居者の方には安心でゆったりと暮らせる空間となっています。

無駄やロスを極力減らして設計し建設コストも抑え、また建設のたびに改良をしコストパフォーマンスを上げていきました。
入居費用も含め運営コストがリーズナブルでとてもやさしくなっています。

鳥取市内だけじゃなく、米子市や岡山県の医療施設、福祉施設のお客様から建設計画のご相談をいただいています。


事務所建築 物流センター建設② 鳥取県鳥取市

以前ご紹介した物流施設です。

wm6.jpg
2階が事務所になっています。広いですね~

wm9.jpg
会議室もとても広く、お客様のこだわりの空間になっています。

wm10.jpg
商談、ミーティングコーナーも充実しています。

wm11.jpg
こちらの物流施設は介護関係の商品を扱っておられ、1階の物流コーナーはとても清潔で掃除もしやすくなっています。

wm12.jpg
消毒、清掃コーナーも最新鋭です。

wm15.jpg
扱っておられる商品も様々なので、出荷コーナーもとても広く、大きな業務用エレベーターもあってとても便利ですね。

wm0.jpg
こちらの物流施設は、『働く建物』としてお客様のノウハウがつまった建物です。
お客様への想いもとても感じられ、ここを拠点にさらなる決意がこもっています。



事務所建築 物流センター建設完成 鳥取県鳥取市

以前こちらでご案内した事務所兼物流センターです。

wm1.jpg
まず、とにかくロケーションが最高なんです!こういう環境で働きたいですね。

wm2.jpg
直線を基調としたデザインで、かつ変化があっていいですね。

wm3.jpg
事務所兼物流センターって感じがしませんね。

wm4-2.jpg
こちらの企業様は福祉用具を専門的に扱われていてショールームも兼ね備えています。すごく広いですね。

wm4.jpg
こちらがエントランスホールです。開放感がすごいです!
2階に上がると・・・

wm5.jpg
また2階のロビーの雰囲気がいいんです。

つづく

鳥取市 サービス付き高齢者向け住宅(サ高住) グループリビングかなで③

いよいよ2階に潜入です!

kd13.jpg
階段は広くてゆったりとしています。
引き戸が付いていて安全ですね。

kd14.jpg
階段を上がった2階のロビーはとても広くて明るく開放的なんです。

kd15.jpg
テラスから空気が抜けてとても気持ちいい風が吹きます。

kd16.jpg
もちろんエレベーター完備!

kd17.jpg
各個室は基準以上の仕様となっています。
木の香りに癒されます。

kd18.jpg
全個室にトイレがあるので安心ですね。

kd19.jpg
広いお部屋もあるので、ご夫婦での入居も可能ですね。
落ち着きますね。

kd20.jpg
鳥取市行徳
サービス付き高齢者向け住宅 『グループリビングかなで』
とっても居心地のいいところです。


鳥取市 サービス付き高齢者向け住宅(サ高住) グループリビングかなで②

以前こちらでご紹介したサービス付き高齢者向け住宅『グループリビングかなで』に潜入です。

kd8.jpg
中に入るとすごく開放的な空間が広がっています。
玄関にもたくさんの陽が入ってきますね。
この建物の共通の特徴なんですが、木がふんだんに使用されているので玄関やお部屋に入った瞬間に木のにおいがぷ~んとしてきます。

kd9.jpg
リビングがとても広くて明るいのも特徴です。
大黒柱感もいいですね!

kd6.jpg
前面の窓を開けたら、デッキテラスに出れます!

kd10.jpg
とにかくここはいろんなとこから陽が入ってきて風が抜けて1日中心地いいんです。

kd11.jpg
アイランドキッチンもいいですね~
リビングとダイニングが一体的な空間になっています。
すでにこういうおうちに住みたい~って方もおられました。

kd12.jpg
キッチンまわりもすっきりとしていて、収納もたっぷりです。

次回は2階に潜入です。


鳥取市 サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)グループリビングかなで

以前こちらのブログでもご案内していました、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)が完成いたしました。

kd1.jpg
『グループリビングかなで』木造2階建て
とてもシンプルな外観ですが、エントランスまわりが特徴的です。
庇の出具合がとってもいいですね。

kd2.jpg
正面からの外観がすごくいい感じです。
ところどころ顔をのぞかせてる木がとてもいいですね。

kd4.jpg
灯りが点くと雰囲気いいです。

kd5.jpg
エントランス付近にはデッキがあって開放的ですね。

kd7.jpg
こちらが玄関。

次回、中に潜入です。



住戸改善改修工事 鳥取県鳥取市

住戸改善工事とは設備の老朽化やバリアフリー未対応などの既存の住宅を、2住戸を1住戸にしたり、建物の外部や内部を改修し設備の更新をして、建物の「長寿命化」や「有効活用」をする工事です。

hd1.jpg
建物外部を調査して外壁などの改修方法を決定し長寿命化していきます。
今回の住戸改善工事は建物の前側に各戸への通路となる開放廊下を増築して、設備を全面的に更新し、各住戸内は改修やバリアフリー化などをして居住環境の向上を図ります。
エレベーターも新設されます。

hd2.jpg
完成後またこちらでご案内いたします。


鳥取県鳥取市 特別養護老人ホーム建設

鳥取市内で特別養護老人ホームを建設中です。

26.jpg
着工前に地鎮祭が行われ、たくさんの方がご出席されました。

IMG_1907.jpg
現在は基礎工事中です。


またこちらでご案内します。



岡山県津山市 飲食店 テナント工事 『牛角津山店』

岡山県津山市で飲食店のテナント工事を設計施工でさせていただきました。

tg1.jpg
今回は既存の建物を改装するテナント工事だったので、入念な事前調査が必要です。
以前は物販のお店だったようで、津山市役所と協議し建物の用途変更の手続きをいたしました。
正面の窓が大きくとても開放感があっていいんですが・・・

tg2.jpg
建物内は何もなくきれいに片付けられています。

tg3.jpg
この何もなかった空間に新しい設備を設置したり、

tg4.jpg
内装や家具などの工事を施していきます。

tg5.jpg
外部も同時に改修です。

tg6.jpg
内装工事が進むにつれてお店の雰囲気が出てきましたね。

tg7.jpg
にぎやかな開放感はそのままに、プライバシーに配慮したお店づくりになっています。

tg8.jpg
厨房も新しくきれいに整備されて、

tg9.jpg
外観はもうすっかり『牛角』です!

tg10.jpg
正面の大きな窓にも、外からのプライバシーを保ちつつ、お店も閉鎖的にならないようになっています。

tg11.jpg
先月の5月29日にOPENしております。
おめでとうございます!

牛角津山店
営業時間 17:00~24:00
電話番号 0868‐20‐1429
所在地   岡山県津山市山北404-1


鳥取市 事務所建築 物流センター建設

鳥取市内で事務所兼物流センターを建築中です。
現在は建方が完了し屋根や外壁など外部の工事が進行中です。

wm1.jpg
市内でもかなり大きな事務所兼物流センターです。

wm2.jpg
お客様の決意、想いを感じ、施工中も気になることがあればどんどんご提案しています。

またこちらでご案内します。



サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)建設 鳥取市 

鳥取市内で『サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)』が建築中です。

『サ高住』は、住居と介護サービスが同一事業者によって提供される有料老人ホームと違い、居住の保証がされたうえで、介護サービスは選択によって利用できる、住まいとケアが別になった賃貸住宅となっています。

knd1.jpg
木造の2階建ての市街地に建築できる、非常にコンパクトにまとまっている建物です。

knd2.jpg
中は広々していて10世帯の方が入居可能です。

knd3.jpg
たくさんの木が使われていますね。

knd4.jpg
またこちらでご案内いたします。


鳥取市 住宅型有料老人ホーム エルスリー鳥取四番館

以前こちらでご紹介しました、『エルスリー鳥取四番館』です。

esy1.jpg
現在は建前も完了しています。

esy2.jpg
建物内の木工事も進行中です。

esy3.jpg
木造っていいですね。

esy4.jpg
お部屋の感じもわかるようになってきました。
またこちらでご案内します。

こちらでは・・・

knd1.jpg
鳥取市内で『サービス付き高齢者向け住宅』(サ高住)も進行中です。
こちらもまたご案内しますね。


鳥取市 住宅型有料老人ホーム エルスリー湯所

以前こちらでご案内させていただいた、住宅型有料老人ホーム『エルスリー湯所』が完成です。

ey1.jpg
木造2階建ての建物です。

ey2.jpg
エレベーター部分は鉄骨造になっています。

ey3.jpg
棟上げ完了時です。

ey4.jpg
内装工事や電気工事、設備工事を行います。

ey5.jpg
社内検査中!ご利用者の視点、法的な視点でチェックします。

ey6.jpg
こちらが完成した住宅型有料老人ホーム『エルスリー湯所』です。
シンプルで非常に無駄のない建物になっています。

ey7.jpg
玄関ホール。収納スペースが増えました。

ey7-2.jpg
こちらは事務室。出入り口や共用スペースがよく見えます。

ey7-3.jpg
食堂スペース。コミュニケーションが取りやすくなっています。

ey7-4.jpg
厨房は本格的な機器がそろっていて、衛生的にも配慮されています。

ey8.jpg
エレベーターも大型で担架やストレッチャーが入ります。

ey9.jpg
居室は基準より広くなっています。

ey10.jpg
お風呂前の脱衣場もゆったりしていて安心ですね。

ey11.jpg
お風呂も広いですね。

ey12.jpg
共用のトイレは車いすも大丈夫です。

懸樋工務店のご提案する、エルスリーシリーズの建物は無駄やロスを極力減らし、とてもローコストになっています。
それでありながら建設のたびに改良を施し、品質も含めたコストパフォーマンスもとてもよく考えています。

ご入居の方々も基準より広いお部屋で、ゆったり、安心に暮らせる空間になっています。

ey13.jpg
更に新しい『エルスリー四番館』建設中です!
またこちらでご案内いたします。


鳥取市 店舗建築改装工事 ラ・メゾン・ド・ブランシュ

『ありがとうが集まる場所』をコンセプトに鳥取市で結婚式場をされている、ラ・メゾン・ド・ブランシュ様の改装工事をさせていただきました。

c1.jpg
とてもいい天気に恵まれました。

c2.jpg
この日は結婚式がありたくさんの人であふれていました。

c4.jpg
こちらがエントランスです。2つありますね。
左側から入ると・・・

c5.jpg
ウエディングの打ち合わせコーナーになっています。

c5-2.jpg
ドレスもたくさんそろってます。

c6.jpg
今度はエントランス右側から入ると、ヘアメイクコーナーです。
プロの美容師の方が常におられて、美容室としてもご利用いただけます。

c7.jpg
夜はまた違う表情になります。

c8.jpg
鳥取市青葉町の『ラ・メゾン・ド・ブランシュ』はチャペルから披露宴会場、カフェレストランや美容室まで完備されていて、日頃から親しみがあり、ヨーロッパの空気感をまとったスペースは個性的でありながらアットホームです。



鳥取市鹿野町 食肉処理施設建設 新築工事 鹿野地鶏ピヨ

鳥取市鹿野町に食鳥処理場の建設をさせていただきました。

『鹿野地鶏ピヨ』と言う鳥取県中小家畜試験場で長年研究され、つくられた、鳥取の『地鶏』が生産されます。
大山地鶏と同じ品種で低脂肪でコクがあり、山々に囲まれ、空気、水、土に恵まれたすばらしい環境ですくすく育っています。
大量生産されたブロイラーとは一味もふた味も違います!

jd1.jpg
造成工事からさせていただきました。

jd3.jpg
木造の平屋建ての建物です。

jd4.jpg
すっきりとした建物ですね。

jd5.jpg
社内検査は重箱の隅をつつくように厳重に行います。

jd6.jpg
加工用の設備も設置されました。

jd7.jpg
その他の設備もとても整っています。

jd8.jpg
保管用の冷蔵冷凍庫も充実してます。

jd9.jpg
出入り口の洗い場も含め、この施設は徹底した衛生管理に配慮されてつくられておりとても安全安心です。

こちらの施設でこれから年間6千羽生産され、山紫苑鹿野そば道場をはじめ鳥取県内、全国で『鹿野地鶏ピヨ』が食べられるようになっています。


鳥取県倉吉市 事務所 食品物流センター 新築工事 

鳥取県の中部地方 倉吉市で食品の物流センターの建築をさせていただいております。

yk1.jpg
鉄骨の建物ですでに建前が完了しています。

yk2.jpg
1階の床の工事中です。

つづきはまたこちらでご案内させていただきます。

高齢者住宅建設 エルスリー鳥取参番館 鳥取市

以前こちらでご紹介させていただいた、「エルスリー鳥取参番館」です。

ers1.jpg
一番手前の白い建物がエルスリー鳥取参番館です。
隣がデイサービス棟で、その奥に見えるのが壱番館と弐番館です。

ers2.jpg
玄関もゆったりして段差がありません。

ers3.jpg
食堂コーナーもすっきりして事務室からもよく見えます。

ers4.jpg
事務室の中も明るくていいですね。

ers5.jpg
廊下も広めになっていて、もちろんエレベーターも付いています。

ers5-2.jpg
1階のトイレは多目的トイレになっていて、広々しています。

ers6.jpg
各お部屋もゆったりしていて、ベッドはもちろん、トイレと洗面も各部屋についています。

ers7.jpg
1階のお風呂コーナーもゆったりしてますね。

ers8.jpg
脱衣コーナーも広くて安心です。

ers9.jpg
厨房も本格的でエルスリーさんのこだわりです。

ers10.jpg
ランドリーコーナーもきちんと整備されています。

ers11.jpg
すでにみなさんご入居が始まっています。

このエルスリー鳥取シリーズは非常にコンパクトでありながら、
入居者の方々にはゆったりとして、安心に暮らせる空間となっています。
スタッフの方もベテランの方から新しい方まで地域に密着したサービスを提供されています。

しかも入居の費用もとてもリーズナブルでとてもやさしくなっています。
また建設費もロスが少なく、とてもローコストになっております。
当社としても建設のたびに改良を施し、品質面のコストパフォーマンスもとてもよく考えられています。

ers12.jpg
現在は新しいエルスリーが進行中です。

ers13.jpg
またこちらでご案内いたします。


鳥取駅前サンロードアーケード改修工事 鳥取市

鳥取駅前商店街の駅前サンロードアーケードの改修工事をさせて頂いています。
人通りも多く、各店舗の営業時間に合わせて、ほぼ昼夜間で工事中です。

ea1.jpg
工事前のアーケードです。

ea2.jpg
工事中のアーケードです。
ルーバーをはずして屋根を葺き替えたり、鉄骨を塗装したり、照明器具をLEDに交換します。

ea3.jpg
屋根の上でも塗装工事を行っています。

この他にも、

ea5.jpg
本通りアーケード

ea7.jpg
太平線通りのアーケード

ea8.jpg
末広通りのアーケード

ea9.jpg
アーケードのメンテナンス

などたくさんのアーケード工事をさせていただいております。
またこちらでご案内いたします。


エルスリー鳥取 デイサービス建設工事 完成 鳥取市

以前こちらでご案内していました、エルスリー鳥取デイサービスのご紹介です。

ed1.jpg
木造の平屋建てですっきりとしてますね。

ed2.jpg
玄関を入るとすぐ事務室があります。

ed3.jpg
デイサービスのスペースはとても広々して、開放感がすごいですね。
両サイドのほおづえがいいですね。

ed4.jpg
たくさんの方が来られるので厨房も本格的です。

ed5.jpg
トイレもたくさんあって安心です。

ed6.jpg

ed8.jpg
浴室もたくさんあるんです。

ed9.jpg

ed10.jpg

ed11.jpg

ed12.jpg
隣で建築中だったエルスリー参番館はまたご案内します。


社会福祉法人さとに会 湖山保育園改修工事完成② 鳥取県鳥取市

前回の続きです。

ko9-3.jpg
2階の廊下も改修前はこんな感じでした。
薄暗くて保育室に収納が少ないため廊下に物が置かれていました。

ko9-4.jpg
改修後の廊下です。
各お部屋に収納が増えたので広々として安全性も高まりました。
廊下も磨いたので明るくなりましたね。

ko10.jpg
トイレも薄暗く機能的にも使い勝手がよくありませんでした。

ko10-1.jpg
トイレは全面的に解体して、

ko10-2.jpg
工事中は子供たちの仮のトイレも作って、

ko11.jpg
全面的にとても明るく使いやすくなりました。
出入り口のアールがいいですね。

ko12.jpg
1階には段差がない、広々としたトイレもできました。

ko13.jpg
遊戯室も改修前は床や壁の損傷、設備の劣化が見られました。

ko14.jpg
改修後は床もピッカピカ!
張り替えたんじゃありません、特殊な磨きを施して仕上げました。
収納もたくさん増えて、空調設備も全面的にリニューアルされています。

ko15.jpg
アールの窓が床に映ってきれいですね。

ko16.jpg
こちらの厨房はいつもピカピカに磨き上げられています。
衛生面にとても厳重にされています。

ko18.jpg
改修前の出入り口部分です。
視認性がよくなく、防犯上、安全上よくありませんでした。

ko19.jpg
改修後は門扉も新しくなり、視認性もよくなりましたね。

ko20.jpg
お出かけですね。いってらっしゃーい!

ko21.jpg
近くの畑で苗を植えています。
何を植えているのかな?楽しそうですね。

ko22.jpg
普通どおり保育をしながら、土日祝日も利用して、1年がかりの工事でした。
工事中は園の皆様を初め、近隣の方々からのご協力を頂き、本当にありがとうございました。

鳥取県鳥取市の保育園
社会福祉法人さとに会
こやま保育園



社会福祉法人さとに会 湖山保育園改修工事完成① 鳥取県鳥取市

以前こちらでもご紹介していました、湖山保育園の改修工事が完成いたしました。
全面的な改修、改装工事で、もちろん保育をしながらの工事ですので、1部屋ずつの改修工事で、約10ヵ月間の工事となりました。

改修には解体工事が必ず伴うので、騒音や振動など、保育園の安全面への配慮がとても大切な工事でした。

ko1.jpg
改修前の保育園です。
鉄筋コンクリート2階建てで、築25年ほど経過しています。

ko2.jpg
屋根の防水がいたんでいたり、外壁がひび割れたり、はがれたりして、
鉄筋が出ているところもありました。

ko3.jpg
改修後の保育園です。
子供たちも楽しそうですね。

ko3-1.jpg
防水や外壁の補修もして外観もきれいになりました。
新築の保育園みたいですね。

ko4.jpg
こちらの保育園はアールの形が特徴的で、屋根や窓もアールになっています。
いいですね。

ko5.jpg
動物たちもとてもかわいいです。

ko6.jpg
事務所まわりの改修前です。
以前は薄暗く、窓が一つしかないため、事務所からの視認性もよくありませんでした。

ko7.jpg
改修後です。明るく広々しましたね。
窓を追加して、事務所からも外がよく見えるようになりました。
廊下も磨いて張り替えたように、とてもよくなりましたね。

ko7-1.jpg
事務所も増築されて広くなり、緊急時対応も余裕をもってできるようになりました。

ko8.jpg
以前の保育室はせまく薄暗くて、

ko8-1.jpg
工事中もこんな感じでしたが、

ko9.jpg
増築して窓も大きくし、お部屋も全面的に模様替えされて、
明るく開放的になりましたね。フローリング部分は床暖房になっています。
収納も増えています。

ko9-1.jpg
未満児のお部屋には安全のため柵がつけられています。
こちらも広々して明るくていいですね。

ko9-1-1.jpg
家具にも簡易な安全装置がついています。

ko9-1-0.jpg
保育室の網戸はすぐ破れてしまい危ないので、アルミ補強を提案させていただきました。

ko9-1-2.jpg
いただきまーす。

ko9-1-3.jpg
お絵かきの時間ですね。

ko9-1-4.jpg
おぉーーー!

ko9-1-5.jpg
楽しそうですね。


次回につづきます。



エルスリー鳥取 デイサービス建設 建築工事その2 鳥取市

以前こちらでご案内しておりました『エルスリー鳥取デイサービス』の工事です。

ed4.jpg
上棟が完了して建物のかたちが見えてきましたね。
奥の建物が住宅型有料老人ホーム「エルスリー鳥取壱番館と弐番館」です。

ed5.jpg
とてもシンプルでいいですね。

ed6.jpg
デイサービスで大きな空間が必要なので、梁は集成材で設計しています。
大きいですね。

ed7.jpg
建物の中では墨だし中で、基準になる高さを設定中です。

ed8.jpg
隣ではエルスリー鳥取参番館の基礎工事中です。

またこちらでご案内します。


鳥取市 建物改修工事 湖山小学校 耐震補強工事その2 

以前こちらでご紹介した湖山小学校の耐震補強工事の続きです。

kt1.jpg
来ました来ました、耐震ブレース。

kt2.jpg
これをクレーンで吊って建物に取り付けていきます。
今回の耐震補強工事で23箇所の耐震ブレースを取り付けます。

kt3.jpg
建物の中にグイって建てこむので慎重に作業します。

kt4.jpg
仮に取り付けられた状態です。アンカーが四方にたくさんつけられていますね。

kt5.jpg
型枠を設置して建物と耐震ブレースの隙間に無収縮のモルタルを流し込みます。
このアンカー工事と無収縮のモルタル工事はとても重要な工程です。

kt6.jpg
台風が近づいてシートをたたんでいます。

kt7.jpg
耐震ブレースが3階まで取り付けられてるのがよく見えますね。

つづきはまたご案内致します。


エルスリー鳥取デイサービス 建設

以前、こちらでもご紹介をしておりました、『エルスリー鳥取壱番館』『エルスリー鳥取弐番館』に次いでデイサービス棟の建築工事中です。

エルスリー鳥取様のデイサービスは壱番館に併設されているんですが、ご利用の方が増え新たに弐番館の隣にデイサービスを建築されることになりました。

ここは鳥取市郊外の環境のいい静かな住宅街にある福祉ゾーンで、とてもリーズナブルでご利用でき、とても人気が高いです。

ed1.jpg
手前の右側の建物がエルスリー鳥取壱番館です。その左がエルスリー鳥取弐番館。
今回のデイサービス棟は弐番館の隣で建築中です。

ed2.jpg
現在は基礎の工事中です。

ed3.jpg
断熱材を敷き詰めています。

またこちらでご案内致します。



湖山小学校 耐震補強工事 鳥取県鳥取市

鳥取市内で湖山小学校の耐震補強工事をしています。

ks1.jpg
こちらが湖山小学校です。
右側に現場事務所、左側に仮設校舎が建っています。

ks2.jpg
グランドの奥が校舎になっています。

ks3.jpg
体育館は数年前に改修されていますね。

ks4.jpg
こちらがプレハブの仮設校舎です。
湖山小学校の約半数の子供たちがこちらに移っています。

ks5.jpg
まず最初に校舎の左側半分の耐震補強工事を行っています。
左側の工事が済んだら右側の半分の子供たちが仮設校舎に移り、
そこの耐震補強工事を行います。

ks6.jpg
現在は部分的に解体されて、ここに耐震補強の鉄骨が取り付けられます。


またこちらでご案内します。


保育園の改修工事 模様替え 鳥取県鳥取市

鳥取市内で民間の保育園の改修をしています。
保育園の運営をしながらの工事なっていますので、慎重な工事、対応が大切です。

改修工事には解体作業が伴うので、音や振動がどうしても出てしまいます。
子供たちの送り迎えの時間帯、お昼寝の時間帯などは作業が難しく、日曜、祝日を利用してフル稼働で工事を行います。

基本的に一部屋ずつの工事になるので、工事期間も長期になることもあり、近隣の方々のご協力、配慮が欠かせません。

hk1.jpg
こちらが改修前の保育室です。
入口も中がよく見えてよかったんですが、安全性に不安も感じておられました。

hk2.jpg
石油ヒーターもむき出しで、空調設備もない状態でした。

hk3.jpg
工事中の部屋はきちんと囲って、音やほこりが出ないようにしていますが、すぐ近くでは保育中ですので慎重に工事を行います。

hk4.jpg
お昼寝気持ちよさそうですね。

hk5.jpg
改修後の保育室です。
窓面をバルコニー側に移動したので、広く明るい保育室になりました。

hk5-2.jpg
手洗いも新しくなり、エアコンも天井に設置されました。

hk7.jpg
ロッカーも新しくなり保育室の雰囲気も変わりましたね。

hk9.jpg
遊戯室の模様替え工事もしています。工事前の様子です。
特に壁、床の損傷や、掃除しても落ちない汚れが目立ちます。

hk10.jpg
こちらが改修後の遊戯室です。
床に特殊な処理を施して磨き上げました。張り替えではありません。
とても明るくなりましたね。

hk11.jpg
アーチ型の窓がいいですね。

hk12.jpg
壁の凹凸を利用して収納スペースとしました。

hk13.jpg
保育園の事務所スペースも改修中です。

hk14.jpg
以前は左側の窓しかなかったんですが、右側をくり抜き新しく窓を増設しました。
子どもたちや保護者の方々、来客者がよく見えるようになり、コミュニケーションがとりやすく安全性が高まりました。

hk16.jpg
こちらは同時施工していた別の保育園です。
以前は床まで壁紙だったんですが、自然素材の腰壁を張りました。
保育園の雰囲気も変わり、壁の損傷も減りました。

hk17.jpg
未満児の保育室は畳コーナーを広げ、安全柵を新たに設置して手前の床は床暖房になっています。

hk19.jpg
特にこちらの保育園は安全性に配慮してあり、かぎは子供たちの手の届かないところ、

hk20.jpg
網戸は下側が補強してあります。
こちらの保育園もお休みの日に工事をさせていただきました。

保育園、幼稚園の建物は設計や工事は大人達がしますが、子供たちの視点で子供たちへの安全性の配慮がとても重要になります。
設計時では気が付かないところもあり、工事の経験とノウハウ、保育園とのコミュニケーションが欠かせません。

工事が完成したらこちらでご案内します。

その他の保育園、福祉施設はこちらでもご紹介しています。



農業用倉庫 農機具保管庫 建設 鳥取県鳥取市

先日鳥取市内で農業用倉庫を建てさせていただきました。

鳥取市の郊外で農業用の倉庫を建てる場合は、場所によっては市街化調整区域という建設するのに制限を受ける区域になっている場合があります。

市街化調整区域だと一般的には建物を建てることは難しいんですが、農業委員会や農業従事者など一定の条件がそろえば建築が可能です。

今回ご紹介する農機具保管庫の建設も市街化調整区域内ということもあり、農業委員会の手続きやその他の手続きもお手伝いさせていただきました。

ns1.jpg
鳥取市郊外の農村に建てられました。

ns2.jpg
あまり大きな農機具は入れる予定がなく作業場所は別にあることから、最小限の大きさになっています。

ns2-1.jpg
農業にはいろんな道具が必要なので、棚は多めになっています。

ns3.jpg
こちらも以前建てさせていただいた農業用倉庫です。
こちらは2階建てになっています。

ns4.jpg
作業するところもあり、野菜を洗ったりします。

ns5.jpg
こちらの倉庫もたくさんの棚があります。
また木がむき出しになっていますので、後から棚や引っかけるところを増やしていけます。

農業用倉庫や農機具保管庫は外観からは比較的単純な建物のようですが、いろんな大きさの農機具を収納したり、そこでいろいろな作業をしたりすることもあって、『働く建物』として十分な打合せをさせていただいております。



店舗工事 テナント工事 『居酒家 かまどか』 鳥取県倉吉市

鳥取県倉吉市に『居酒家 かまどか』が新規オープンいたしました。

『居酒家 かまどか』は「季節感」、「本物感」、「手作り感」をコンセプトに、ゆったりと落ち着いて食事と会話を楽しむ大人の居酒屋を目指されています。

k0.jpg
今回は既存の飲食店をリニューアルいたしました。

k2.jpg
内装の基本コンセプトは、静かで落ち着きのある和を基調とした温かな大人の空間です。

k3.jpg
個室感覚でプライバシーに配慮されていて、

k4.jpg
大切な人や気の合う仲間と料理やお酒、会話を楽しむのにピッタリですね!

k5.jpg
こちらのオーナー様は特に厨房にもこだわっていて、いつお伺いしてもピッカピカです。

k6.jpg
美味しい料理ってこういうところからできるんですね。

k7.jpg
懸樋工務店は『居酒家 かまどか』をチェーン展開されている、株式会社レインズインターナショナルの認定を受けております。
先日も当社の営業担当、設計担当、施工担当の3人体制で、東京から認定講習を受講してまいりました。

kamadoka0.jpg
平面プランの考え方や、

kamadoka.jpg
内装のコンセプトやイメージ、

kamadoka3.jpg
材料の仕様にとてもこだわりが感じられます。

基本的には関東を中心に展開されている『居酒家 かまどか』なんですが、オーナー様たっての希望でこの度、鳥取県倉吉市に初出店されました。
倉吉にお越しの際には是非お立ち寄りくださいませ。

その他の店舗・テナント工事の実績はこちらからどうぞ!

東郷地区公民館 保育園 建設 完成 後編 鳥取県鳥取市

前回のつづきです。

鳥取市の東郷地区で公民館と保育園の複合施設が完成しました。

tk13-0.jpg
こちらが保育園の玄関です。
公民館の玄関とは別々になっています。
こちらも吹抜けになっていて明るく開放的ですね。

tk13.jpg
保育室もとても明るくていいですね。
真ん中の収納家具でお部屋が仕切られています。

tk15.jpg
遊戯室も広くていいですね!

tk16.jpg
図書室も整備されています。上の窓からのあかりがやさしいですね。

tk16-1.jpg
保育園専用の厨房もあります。

tk17.jpg
トイレもかわいらしいですね。

tk18.jpg
外には新しいプールもできました。

tk19.jpg
屋根には太陽光パネルが設置されていますね。

tk20.jpg
建物の中から発電量が確認できるようになっています。


tk1.jpg
こちらの建物は地域の方々にとって交流の場として、子供たちの場として念願の建物です。
このような素晴らしい機会をあたえていただいてとてもうれしいです。
いつまでも大切にしていきたいですね!




東郷地区公民館 保育園 建設 完成 前編 鳥取県鳥取市

以前からこちらのブログでご案内していました、鳥取市の東郷地区の公民館、保育園が完成いたしました。
こちらの地域の皆様にとっては念願の施設です。

この建物は地域の交流や活性化として公民館と保育園が一緒になった複合施設となっています。

tk2.jpg
いいですね!面積は約240坪あります。大きいですね。
屋根が複雑な形状をしています。

tk2-0.jpg
反対側から見てもいいですね!こちらの屋根もいろんな形をしていますね。
背がとても高いんですが、木造の平屋建てです。

tk2-2.jpg
玄関の館銘板は鳥取市長が書かれたものです。

tk3.jpg
玄関ホールは吹抜けになっていてとても開放的ですね。

tk4.jpg
上の窓から明かりが差し込んでとても明るくなっています。

tk5.jpg
廊下も吹抜けになっていてとても明るく開放的です。
木の雰囲気や色合いがとてもいいですね。
まっすぐ行くと保育園につながっています。

tk5-1.jpg
廊下の建具は2重になっていて部屋を使用しない時は、このようになっています。
真ん中の窓がかわいらしいですね。

tk6.jpg
こちらは事務所です。
ここも木がたっぷりと使用されています。

tk7.jpg
こちらの和室は茶室にもなっていて、設備が整っています。

tk8.jpg
この日はお引き渡しの検査がありました。
まずは念入りに書類関係のチェックです。

tk9.jpg
そのあと部屋の寸法を測ったり、

tk10.jpg
床下も検査します。

tk10-0.jpg
こちらは大研修室です。可動式の間仕切りで区切って使用できるようになっています。

tk10-0-1.jpg
収納も大容量ですね。

tk10-1.jpg
外部も隅々まで確認していきます。

tk11.jpg
厨房もとても衛生的でいろんな設備が整っています。

tk12.jpg
トイレもとてもゆったりとしていますね。


後編につづきます。


住宅型有料老人ホームの建設 エルスリー鳥取弐番館 鳥取

以前こちらでご案内していた住宅型有料老人ホーム「エルスリー鳥取弐番館」が完成しました。

ess1.jpg
雪が多い中の完成でした。全部で16室あります。
渡り廊下で壱番館とつながっています。

ess2.jpg
食事は1階の食堂でそろってできるようになっています。
とても明るいですね。

ess3.jpg
1階のエレベーターホール前のロビーです。
施設のいたるところの小スペースを利用してくつろげれるようになっています。

ess4.jpg
こちらは2階のエレベーター前のロビーです。こちらも明るいですね。

ess5.jpg
エレベーター前でも休めれるようになっていますね。

ess6.jpg
こちらが居室です。とてもゆったりしていて、各部屋にトイレと洗面があります。
各居室ともとても明るく、構造的にも上下左右の遮音性に配慮してあります。

ess7.jpg
1階にあるお風呂です。浴室、脱衣場ともとても広くなっています。

ess8.jpg
トイレもとても広く使いやすくなっています。

エルスリー鳥取壱番館に引き続いて工事をさせて頂きました。
鳥取市内の閑静な住宅街にあり低価格で住まいにとても配慮された、
「エルスリー鳥取」です。

壱番館はこちらからどうぞ!


「建物の耐震補強工事 鳥取県立八頭高等学校 鳥取県」

以前こちらでもご案内した鳥取県立八頭高等学校の耐震改修工事が完成しました。

ykt1.jpg
今回は管理教室棟の耐震改修工事を行いました。

ykt2.jpg
発注者から最終の検査をしていただきました。
書類上で品質面や施工管理面の検査を行い、
その後現場の検査です。

ykt3.jpg
耐震補強部分は外部から見るとこんな感じですが、

ykt4.jpg
中から見るとこんな感じです。

ykt5.jpg
取り付ける位置によって形状が異なります。

ykt6.jpg
校長室にも潜入です。

ykt7.jpg
ここも耐震補強装置が設置されていますね。
建物全体のことを考えて、耐震補強装置をどこに取り付けたらいいのか設計されています。

ykt8.jpg
進路指導室は部屋の中にも耐震補強されていますね。

ykt8-2.jpg
教室からも外壁側に補強されているのが見えます。

ykt9.jpg
こちらはLL教室です。

ykt10.jpg
書道室や

ykt11.jpg
美術室からも耐震補強が見えますね。

ykt12.jpg
外壁は補修して全面的に塗装されていますが、
タイル部分は傷んだところだけの張り替えです。
改修した跡がよくわかります。

ykt13.jpg
夏休みの間を利用して工事をしたり、完成したところから引越しして
授業に使用していただいたり、学校関係者の皆様には工事中大変お世話になりました。

当社にもこちらの卒業生が数人いて、この工事の担当もしました。
いつまでも当時の学び舎がそこにあるっていいですね!



「住宅型有料老人ホーム建設 エルスリー鳥取弐番館 鳥取県鳥取市」

以前こちらでもご案内した、鳥取市内で住宅型有料老人ホーム『エルスリー鳥取弐番館』が建設中です。

ers1.jpg
こちらはロビーの内装工事中です。事務室から見渡せるようになっています。

ers2.jpg
各部屋の内装工事も進行中です。断熱や遮音に配慮された材料が使用されています。

ers3.jpg
特にこの軽量コンクリートのALC床材が1階と2階との間に使用されていて、
1、2階の遮音性が向上しています。

ers4.jpg
共用廊下や各部屋にはスプリンクラーが設置されています。
上部には先程のALC床材が見えますね。

ers5.jpg
外部の工事はほぼ完了しています。
壱番館と同じ外装材で兄弟みたいでいいですね。


またこちらでご紹介いたします。


「東郷地区公民館・保育園建設 鳥取市」

以前こちらでご案内した鳥取市東郷地区で建設中の公民館と保育園のつづきです。
今回の建物は公民館と保育園が一体となった地域のための建物となっています。

tg2.jpg
外部は屋根葺き工事、外装工事中です。

tg3.jpg
こちらが玄関です。開放感があって広々していますね。

tg4.jpg
吹抜けになってとても明るくなりそうですね。

tg5.jpg
内部は木工事、内装工事中です。
こちらは公民館の研修室です。

tg6.jpg
木材はどれも同じように見えるかもしれませんが、工事前に見本で確認します。

tg7.jpg
こちらは保育園の遊戯室です。ステージの感じが出てますね。

tg8.jpg
こちらが保育室です。
とても明るく開放感があります。

tg10.jpg
すぐ外がテラスになります。

tg9.jpg
公民館と保育園をつなぐ共用廊下です。
こちらも吹抜けで明るくなっています。
完成が楽しみですね。


「東郷地区公民館・児童館建設 鳥取市」

以前こちらでご紹介した鳥取市内の東郷地区で公民館と児童館の建設工事中です。

tt1.jpg
建設場所は当社運営の『グリーンゴルフ21』のすぐ近くにあります。

tt2.jpg
クレーン2台で建前中です。

tt3.jpg
平屋で230坪を超える大きな建物なので大工さんだけでも20名になります。

tt4.jpg
屋根の形状もとても複雑でかなりの技術、技量が必要です。

tt5.jpg
所々に鉄骨で補強されています。

tt6.jpg
鳥取市西今在家にある『グリーンゴルフ21』にお越しの際にはお立ち寄り下さい。



住宅型有料老人ホーム建設 エルスリー鳥取弐番館 鳥取県鳥取市

以前こちらのブログでもご紹介しました住宅型有料老人ホームエルスリー鳥取弐番館が建設中です。(壱番館はこちらでご案内しています)
今回の弐番館は木造の建物となっています。

ess3.jpg
建前工事中です。
いつ聴いても建前中の木の音はいいですね。

ess4.jpg
壱番館と併設されています。

ess5.jpg
エレベーターも付いています。

ess6.jpg
お部屋の感じもなんとなく見えてきましたね。

またこちらでご案内します。



鳥取市 東郷地区公民館・児童館建築

今回鳥取市東郷地区で建築中の建物は、地区の方々が集まる公民館と保育園の機能が、一体となった建物になっています。
地区の皆様の長年にわたる悲願の建物です。

td1.jpg
土工事の状況です。木造の平屋建ての建物なんですが、
230坪以上あるので大きいですね。

td2.jpg
基礎工事の前に「墨出し」をして鉄筋や基礎の立ち上がりの位置を出していきます。

td3.jpg
墨出しが済んだら鉄筋を配筋していきます。
太さや本数やピッチ、位置などを確認します。

td4.jpg
鉄筋を組み立てたら型枠を組み立てて、その中にコンクリートを流し込みます。

td5.jpg
所定の日数をおいて強度が出たら型枠をはずして埋め戻します。

td6.jpg
次はいよいよ建前です。

またこちらでご案内します。



鳥取市 住宅型有料老人ホーム エルスリー鳥取弐番館

以前こちらでご紹介したエルスリー鳥取の弐番館の工事中です。

基礎工事中です。

ess1.jpg

ess2.jpg
壱番館とほぼ同様の施設になっています。

最近住宅型有料老人ホームの問い合わせが多くなってきています。
工事中も何組ものお客様が見学に来られています。

またこちらでご案内します。



鳥取県 米子市 物流センター完成

以前こちらでご案内しておりました、鳥取県米子市内の物流センターのご紹介です。

ki1.jpg
正面です。すっきりとしたデザインですね。

ki2.jpg
1階と2階が倉庫で3階が事務所になっていて、
山陰を統括する営業拠点にもなっています。

ki3.jpg
L字型のブルーのラインと2つの庇が印象的です。
営業拠点と物流センターの雰囲気が出てますね。

ki4.jpg
こちらがプラットフォームです。
お客様の取扱商品が、とてもデリケートで人命にかかわるものなので、
気候の影響を最小限にするために大きな庇となっています。

ki5.jpg
1階の倉庫部分です。倉庫といっても衛生的にとても配慮されていて、
商品のために冷暖房完備となっています。

ki6.jpg
2階の倉庫環境も同じく衛生的で冷暖房完備です。
きれいですね。

ki7.jpg
棚を配置するとすごい収納力です。

ki8.jpg

ki9.jpg
3階の事務所です。山陰の拠点となっていますので、
たくさんのスタッフの方が働きやすい環境に配慮されています。

ki10.jpg
窓からの大山の眺めも最高です。

懸樋工務店のコンセプトは『お客様が大切にされているものを大切にして、皆様に本当にお役立てできるものを提供する』ことです。
建物を建てるだけが仕事ではありません。
建物が完成してからが「本当のお付き合い」のはじまりと考えています。



鳥取県 米子市 物流センター建設その2

以前こちらでご案内していました、鳥取県米子市で建設していました物流センターが完成しました。
大阪に本社がある企業様の山陰の拠点となる施設です。
医療機器を扱われている企業様なので、建物の細部にあたってとてもこだわりを持っておられました。

建設工事を通じて、こちらの企業様のお客様に対しての品質面や安全性はもちろん「お客様への想い」に触れ、とても刺激的で貴重な経験ができ、またひと回り成長できたと思います。

yks.jpg
お引き渡し前にお客様より検査をしていただきました。

yks2.jpg
検査の合格後お引き渡しをして「竣工式」が執り行われました。


yks3.jpg

またこちらでご案内いたします。



兵庫県 豊岡市 物流センター 設計 建設 完成

兵庫県豊岡市で当社の設計施工で建設中だった物流センターが完成しました!
今回の工事は2年以上前から土地の選定・交渉・造成・建物の設計をさせていただいたので、大変思い出の深い建物となりました。


snk1.jpg
完成建物です。
工事期間は6ヵ月程度だったんですが・・・

snk1-1.jpg
最初はこんな感じでした。
2年以上前にお客様と視察に来た時です。

snk1-2.jpg
さらに今年の工事着手寸前の記録的な大雪でこんな時も・・・

snk1-3.jpg
それがついに完成です!!
お客様は食品を扱われる企業様で、写真向かって右側が保管庫スペースで、
乾物倉庫や冷蔵・冷凍庫になっています。
写真向かって左側が事務所スペースで中はつながっています。

snk1-5.jpg
物流センターにとって、とても大事なプラットフォームはL型になっていて、
一度にたくさんの商品の搬入・搬出ができるようになっています。
幅も3.3m以上あって台車が余裕をもって、すれ違えるようにしてあります。
大きな庇も6m以上あって直射日光を防ぎ、悪天候の時も安心です。
赤い柱は、美味しい食卓をイメージしたお客様のロゴマークに使用されている「ファイヤーブライト」という色です。

snk2.jpg
こちらが事務所です。将来の業務拡張を考えて広めになっています。
今回こちらの施設の照明のほとんどが鳥取のLEDメーカーのLED照明を、
採用しています。

snk2-1.jpg
こちらが乾物倉庫への入り口部分です。
物流施設は使用していくと、どうしても台車が建物や設備に当たってしまうので、
いたるところに衝突防止の支柱を設置しました。
また出入り口のシャッターは2重になっていて外側は普通のシャッターになっているんですが、

snk2-2.jpg
内側はこのように高速ビニールシャッターになっていて、効率的に業務ができるようになっています。
オレンジ色は防虫仕様のためです。

snk2-3.jpg
プラットフォームの凹凸部分にも支柱を設置してあります。

snk2-4.jpg
また建物の壁際の下には建物にも衝突しないようにコンクリートで防護致しました。
これで台車が建物やコンセントにぶつからなくなります。

snk3.jpg
乾物倉庫です。
とても広々していて、棚を設置しても通路が十分確保されるようにしてあります。

snk4.jpg
温度や湿度を感知して自動的に換気できるシステムになっています。

snk5.jpg
こちらが商品の荷さばきをするピッキングルームの入り口です。
こちらも高速のビニールシャッターでもちろん防虫仕様です。
支柱やコンクリートで重要な設備や建物を守ります。

snk6.jpg
ちなみに中から外を見るとこんな感じです。

snk7.jpg
ピッキングルームです。
こちらで冷蔵庫や冷凍庫から出された商品の荷さばきをします。
10℃くらいのひんやりとした空間です。

snk8.jpg
ピッキングルームの奥は冷蔵庫スペースです。
ここは5℃くらいで、もうかなり寒いです。

snk9.jpg
冷蔵庫のさらに奥が冷凍庫スペースになっています。
かなり大型で収納力抜群です。
-30℃近くまで冷やすことができます。

snk9-1.jpg
こちらが建物の裏側に設置してある冷蔵冷凍庫の室外機です。
多雪地域なので雪に埋もれないように架台を1m以上の高さにしてあります。
とても大切な設備なのできちんと防護が必要です。

snk10.jpg
冷凍庫などに使用されている照明ももちろんLED照明で、
-30℃になっても大丈夫な専用の照明器具です。

snk11.jpg
配管もこんなに分厚い保温材で凍らないようにしてあります。

snk12.jpg
こちらの物流センターは24時間365日、毎日-30℃で建物を冷やすため、
いろいろなノウハウが必要になっています。
以前こちらでもご紹介しましたが、-30℃の冷気から床やその下の地盤を守るため、床の厚さ120mmのコンクリートのほかに200mmの断熱・防湿層があるんですが、さらに写真のような凍上防止装置が断熱層の下に設置されています。
これは地盤に空気を流し込んで空気層をつくって凍結を防止するためものです。

snk14.jpg
こちらから空気を外に排出しています。
地盤が凍結すると冷凍庫内の床が持ち上がったり割れたりして、
大変なことになってしまいますので、とても大切な設備で、点検、メンテナンスも必要です。


ほとんどの物流センターは構造的には比較的複雑なものではないのですが、
設計や建設にあたって『働く建物』としていろいろなノウハウが必要になります。
設計だけじゃなく、建てることによってわかるもの、必要なものがあります。

当社の長い間積み重ねてきたメンテナンス事例や、たくさんの業種のお客様から学ばさせていただいた貴重な情報や経験を生かし、『お客様の大切なものを大切にして、本当にお役にたつ建物』を設計の視点で、施工の視点で、両方の視点でこれからもご提供いたします。
こちらでもいろんな工場・倉庫をご案内しています)


兵庫県 豊岡市 物流センター 設計 建設その6

前回のつづきです。

ss1.jpg
建物が完成して竣工式が執り行われました。

ss2.jpg
無事に竣工の御礼と、これからの発展を祈念いたします。

ss3.jpg
式の後、直会で施主様、御来賓の方から御祝辞を頂きました。

ss4.jpg
豊岡市の中貝市長様もご出席されました。

ss5.jpg
最新の設備やノウハウがいっぱいの建物を、
地元の方やお取引先、関係者の皆様にお披露目を致しました。

ss6.jpg
新しい商品も続々運び込まれています。


完成した建物はまたご案内します。


兵庫県 豊岡市 物流センター 設計 建設その5

前回のつづきです。


sgi2.jpg
完成に先立ち豊岡市役所や地元の方々に最終的な完成までのスケジュールや
お客様の事業形態のご説明をさせていただきました。

sgi1.jpg
物流センターもいよいよ完成間近です。

sgi3.jpg
出入り口の改良工事を行っています。
完成後は大型の配送トラックが出入りするようになるので、
出入り口を安全に幅を広くしたり、耐久性を向上させています。

sgi4.jpg
建物の裏側では冷凍冷蔵庫の大型室外機の取り付け工事中です。
大きいですね。

sgi5.jpg
植栽工事も進行中です。
植栽を整備するだけでずいぶん雰囲気が変わってきますね。

sgi6.jpg
建物の周辺では舗装工事中です。
大型トラックでアスファルトフィニッシャーという重機に
アスファルト合材をがーーって入れていきます。
この時のアスファルト合材の温度は100℃以上もあるので
夏場の舗装工事は大変な作業です。

sgi7.jpg
フィニッシャーの後ろで人力で丁寧に仕上げてからローラーで転圧していきます。

sgi8.jpg
出入り口や舗装が荒いところはふるいにかけたアスファルトをまいてきれいに仕上げます。


次回はいよいよ完成です。



兵庫県 豊岡市 物流センター 設計 建設その4 冷凍庫工事・冷蔵庫工事

以前こちらでご紹介したつづきです。

建物内では内装の工事や冷凍冷蔵庫の工事が始まっています。

sn1.jpg
こちらは事務所になるところです。

sn2.jpg
天井は2重張りで吸音性能が高くなっています。
声などの残響音を抑えるのでとても会話しやすくなっています。

sn3.jpg
こちらは冷凍庫の断熱壁材です。
性能によって厚みが違います。

sn4.jpg
冷凍・冷蔵庫はこの建物の最重要部分ですので慎重に施工されます。
すごい壁ですね。

sn5.jpg
冷蔵部分と冷凍部分では床の断熱材の厚みが違うので、
床のコンクリート部分には段差がつけられています。
床工事はとても大切な工程です。
特に今回は-30℃にもなる冷凍庫ですので、
床の下が凍らないようにいろいろな配慮とノウハウが必要になっています。
断熱層も200mmの厚さです!

いよいよ完成に近づいてきました。



鳥取県立八頭高等学校 耐震補強工事

鳥取県八頭町で県立八頭高校の耐震補強の工事をしています。
校舎を利用しながらの工事なので、細心の注意を払いながらの工事です。

yz1.jpg
建設後50年程度経っているようです。
既存の鉄筋コンクリートの柱や梁に鉄骨の柱や梁を
取り付けて補強します。

yz2.jpg
耐震補強装置の鉄骨は取り付け前に入念に検査をします。

yz3.jpg
鉄骨の寸法や鉄筋のピッチや大きさをチェックしていきます。

yz4.jpg
検査完了後に建物の外部に耐震補強装置を取り付けていきます。
完成したら見えなくなる部分は特に注意して検査を行います。

yz5.jpg
今回の耐震補強工事は建物の内部の教室と教室の間も耐震補強します。
この鉄骨の耐震補強装置は何トンもあるので分割して運び込んでいきます。
建物内部にクレーンは入れないので少しずつ少しずつ持ちあげて取りつけます。

yz6.jpg
着いた。

yz7.jpg
取り付けたら、位置やねじれなどを検査していきます。

学校の耐震補強工事は生徒たちの安全を守るのが第一の目的ですが、近隣の方々の緊急避難場所にもなっているので優先的に耐震補強工事が行われます。

またたくさんの思い出がたっぷりつまった校舎がいつまでもそこに存在してるのっていいですよね。


完成後またご案内します。


鳥取 住宅型有料老人ホーム 「エルスリー鳥取」

鳥取市卯垣に住宅型有料老人ホーム『エルスリー鳥取』が完成しました。

住宅型? 有料老人ホーム?という感じで住宅型有料老人ホームってあまりなじみがないと思います。

今回のこの施設は、ハード面では全16室の居室があり、プライバシーに配慮しつつ、ある程度自由に共同で生活ができて、2階建てなんですがエレベーターのある豪華版の寮っていうイメージです。この辺が「住宅型」というところでしょうか。

ソフト面では、食事サービスや緊急時の対応などの生活支援はもちろん、資格を持ったヘルパーさんが24時間常駐し夜間も巡回したり、施設スタッフが健康管理して、協力医療機関の訪問診療があったりととても充実しています。この辺が「有料老人ホーム」ってところですね。

そして一番この施設が一般の老人ホームと違うところは、介護サービスは入居者それぞれが外部サービスを利用するというところです。

一般の介護施設がホーム主体で介護サービスが決められるのに対して、住宅型有料老人ホームは在宅で介護サービスをうけるのと同様に、入居者一人一人異なる介護プランを立てるのことが可能になっているので、在宅時に慣れた介護プランや希望に沿ったきめ細かいサービスが受けられるのが特徴になっています。

特に『エルスリー鳥取』は全16室の小規模コミュニティーを大切にされていて、さらに低価格で入居しやすく、全館バリアフリー、ナースコール、スプリンクラーなど安全設備も充実していて住み続けやすくなっています。
またcafeスタイルのデイサービスも併設されていて、リハビリやイベントにも参加できるようになっているんです。

er1.jpg
鳥取市卯垣 『エルスリー鳥取』

er2.jpg
居室です。とても明るく清潔感があります。

er6.jpg
きれいなお部屋ですね。

er3.jpg
食堂です。皆さんがここで食事します。

er4.jpg
併設されているデイサービスです。

er5.jpg
周辺環境に恵まれた閑静な住宅街にあります。
2012年春 エルスリー鳥取弐番館開設準備中です。



兵庫県 豊岡市 物流センター 設計 建設 その3

以前こちらでご案内したつづきです。

鉄骨の建て方が完了したら屋根や外壁の工事です。

sy1.jpg
クレーン車で1枚づつ屋根葺きしています。
1枚がとても長いので慎重に作業します。

sy2.jpg
屋根葺きが完了しました。

屋根工事が完了したらサッシ工事や外壁の工事が始まります。

sg1.jpg
外壁の材料です。ALCといって特殊コンクリート製の外壁です。
厚くて重そうなんですが水に浮くほど軽量です。
耐火性、遮音性、耐久性が高くてリーズナブルな外壁材です。
今回こちらを採用させていただきました。

sg2.jpg
こちらも1枚1枚張っていきます。

sg3.jpg
外壁はすべてALCになっています。
次は建物内の工事です。

ところで・・・

工事現場の近くにあるんです。
神鍋高原にある「兵庫県立但馬ドーム」

td2.jpg
平成10年10月1日竣工
三菱重工業株式会社施工
ドーム棟とセンター棟に分かれています。

td3.jpg
センター棟 鉄骨造 1380.58㎡
管理事務所やレストラン、ジャグジーなどがあります。

td4.jpg
ドーム棟 鉄骨造 19,006.58㎡
高さは59.81m!

td4-1.jpg
すごく威圧感あります。
三菱っぽいなぁ~

td6.jpg
センター棟に入ると暖炉があります。
雰囲気いいですね。

td7.jpg
吹抜けも開放感たっぷりです。

td8.jpg
ドーム棟へこちらの渡り廊下から行くと・・・

td9.jpg
但馬ドーーム どーーーん!!
この複雑さ、ちょっと感動ですね。

td10.jpg
土のグランウドがとてもきれいです。
実はこのドーム開閉式なんです。
開くとどうなるんでしょうね。

td10-1.jpg
「パカッ」っとこんな感じです。
絶景ですね。

td10-2.jpg
外からみたらこんな感じで、

td10-3.jpg
「パカッ」

ドーム棟にはこの他にも、

td12.jpg
インラインスケート場や、

td13.jpg
ダンススペースやトレーニングジムなどがあります。

td14.jpg
「兵庫県立 但馬ドーム」

兵庫県豊岡市日高町名色88-50
tel 0796-45-1900

鳥取からは1時間ちょっとで行けれます。
近いですね。


鳥取県JA会館完成!!

鳥取市末広温泉町に鳥取県JA会館が完成です。
鳥取県のJAグループ全体の本部になる施設です。
関連団体のほかに日本政策金融公庫様も入居されています。


jz1.jpg
まずは正面から。

jz2.jpg
ちょっと角度を変えて。

jz4.jpg
エントランスはシンプルですっきりとしてます。

jz5.jpg
1階には展示コーナーがあります。
地域やJAグループから情報が発信されています。

jz6.jpg
いろんな団体が入居されているので、
いろんなオフィスや役員室がありますね。

jz7.jpg

jz8.jpg

jz9.jpg

jz10.jpg

jz11.jpg
鳥取市の繁華街が近くにあって夜景もいいですね。


こちらでもいろいろな事務所ビルの実績を紹介しています!


兵庫県 豊岡市 物流センター 設計 建設 その2

以前こちらでご案内したつづきです。

鉄骨の建て方の前に、鉄骨の検査を行っています。

st1.jpg
こちらの鉄工所で出荷前に検査を行いました。

st2.jpg
たくさんの鉄骨がありますね。

st3.jpg
鉄骨の溶接はロボットが全自動で溶接しています。

st4.jpg
出来上がった鉄骨の寸法を測ったり、
溶接したところは超音波試験で溶接内部がきちんと溶接されているか確認します。
合格後現場に運び込まれます。

st5.jpg
いよいよ建て方です。

st6-1.jpg
精度も良くきちんと建てられていきます。

st7.jpg
安全ネットもきちんと張って。

st8.jpg
建物の形がなんとなくわかってきましたね。

次は外部の工事が始まります。


ところで話は変わりますが・・・

現場近くにとてもすばらしい施設があるんです。

un1.jpg
植村直己冒険館 平成6年オープン。
ぱっと見、建物なのか公園なのか良くわからないほど環境に溶け込んでいます。

un2.jpg
ぐるっと回ってみたらやっぱり建物です。

un3.jpg
ここが入口のようですね。ずーーーと中に入っていくと、

un4.jpg
建物の中はこうなっています。
大地を切り裂くクレバスを表現しています。
すごいですね。約200mあります。

un5.jpg
ここからが展示ルームになっています。

un6.jpg
ここには植村直己の装備品や世界から集められた品々、
記録映像がたくさん展示してあります。
ここから先は撮影禁止なので、是非訪問してご覧ください。
いい顔していますね。ここに立っただけでも感動してしまいます。

un7.jpg
「植村直己冒険館」

 兵庫県豊岡市日高町伊府785
 tel 0796-44-1515
 開館時間 am9:00~pm5:00
 休館日 水曜日
 入館料 大人 500円

植村直己がよく言っていたこと、
『不安な時は、小さなことでもいい、今できる行動を起こすこと』
『あきらめないこと、どんなときでも決してあきらめないこと』


兵庫県 豊岡市 物流センター 設計 建設 その1

以前こちらでご案内したつづきです。

基礎工事の状況です。

zk.jpg
建設場所の基礎地盤は事前にボーリング調査をして、
比較的浅いところに固い地盤があったんですが、
以前は山だったところもあるので、部分的に地盤改良を行いました。

ks.jpg
地盤改良工事の完了後は基礎をつくるための掘削工事です。

as.jpg
掘削工事が完了したら鉄筋を組み立てて、鉄骨の柱を建てるところに、
アンカーをセットします。

kw.jpg
鉄筋工事の後は基礎のコンクリートを流し込むために型枠を設置します。

cd.jpg
型枠の組み立てが完了したらコンクリートのポンプ車を使用して、
丁寧にコンクリートを流し込んで締固めます。
長~いのがコンクリートポンプ車です。

ck.jpg
コンクリートの強度を確認して、型枠をはずします。
基礎工事は地味な作業に見えますが、とても大切な工程です。

基礎を埋め戻した後、いよいよ建て方が始まります。


ところで話は変わりますが・・・


建設場所の近くにあるんです。
マイナスイオンたっぷりのパワースポットが・・・

jg1.jpg
この橋を渡るんですが、これがまたなかなかの佇まいの橋で・・・

jg2.jpg
ここをずーーと歩いて行くんですが、雪がありますねえ。
実はこの時3月です。

jg4.jpg
んーーーーー!落・石・注・意!!
でも引き寄せられるように入っていくと、

jg5.jpg
水子さんたちが供養されていました。
もう少し入っていくと、

jg6.jpg
滝、どーーーーん!!!
十戸(じゅうご)の滝といいます。
滝の裏には不動明王が祀られているそうです。
雪解け水で水量がすごくて、ものすごい滝音です。
マイナスイオンも半端ないです。

jg7.jpg
現在はこんな穏やかな感じです。
とても暑い日だったんですが、とても癒されました。

jg8.jpg
この稲葉川にはこの他にも滝の見どころがたくさんあります。
いいとこ見つけました。



鳥取県 米子市 物流センター建設

鳥取県米子市で物流センターを建築中です。
ある企業様の山陰の拠点となる施設です。

k1.jpg
鉄骨造3階建です。1、2階が倉庫で3階が事務所となっています。
1階はプラットフォームになっていて、倉庫部分は天井が高く設計されているので、
建物の高さは4階建くらいあります。

k2.jpg
庇も物流センターらしく大きいですね。

k3.jpg
先日は上棟式が行われました。

k5.jpg
たくさんの方々がご参加されました。
最近では上棟式は簡単に済まされることが多いのですが、
身の引き締まる思いです。

k6.jpg
「千歳!」 「万歳!!」 「永永棟!!!」

k7.jpg
上棟式の後、お客様に建物内をご案内しました。

k8.jpg
ここはとても眺めも良くて大山もきれいですね。
完成が楽しみです。

またこちらでご案内いたします。



鳥取市 末恒小学校 耐震補強工事③

以前こちらでご紹介した鳥取市立末恒小学校の耐震補強工事が完成しました。

sb3.jpg
耐震補強工事を行った建物もずいぶん見慣れてきましたね。
デザイン的にもシンプルでいい感じですね。

sb4.jpg
耐震補強工事のほかに外部、内部もリニューアルしました。

sb5.jpg
教室の中はこんな感じになっています。
耐震補強のブレースが窓側にどーーんってありますが、
これはこれでいいんじゃないでしょうか。

sb6.jpg
今にも子どもたちの声が聞こえてきそうですね。

sb7.jpg
共用部分やお手洗いも全面的にリニューアルされました。

sb8.jpg
廊下側にも耐震ブレースが取り付けられています。

sb1.jpg

sb2.jpg
完成検査も防災関連、耐震関連を中心に念入りに行いました。

校舎の内部もかなり改修したんですが、ところどころ思い出があるところは残されていたり、PTAの方々の奉仕作業でされた塗装など記念になるものはそのまま残っているところもあります。
設計上、意図したことではないかもしれませんが、こういう改修方法もいいですね。

その他の福祉・教育施設の実績もこちらでご紹介したおります。



工業団地 進出 選定の支援、サポート その4 鳥取県 島根県 岡山県 兵庫県

以前こちらのブログでご案内したつづきです。


sz1.jpg
造成工事でだんだん平らになってきてます。

sz2.jpg
重機で土を積み込んで・・・

sz3.jpg
がーーーって土を運んで平らにしていきます。

sz4.jpg
どんどん造成中です。

sl2.jpg
外側ではL型の壁を工事中です。

sl1.jpg
L型擁壁(ようへき)と言って、専用工場からつくって持ってきます。
あらかじめ測量して、いろんな高さの擁壁を注文します。

sl4.jpg
順番に並べていき、裏側を土で埋めていきます。
徐々に建物が建てれるようになってきました。

ある一定の規模の造成工事を行う場合は「開発行為」と言う手続きをして許可が必要になります。
造成設計から所轄の行政官庁や地元との協議など、手続きも複雑で官庁との協議も時間がかかることもあります。

懸樋工務店では建物に関することだけじゃなく、土地の調査選定、交渉、造成設計、開発行為の手続きも行っておりますので、お気軽にご相談ください。


つづきはまたこちらでご紹介します。



鳥取 かんろ保育園 建設工事

鳥取市にあるかんろ保育園のご紹介です。
(同種の建物をこちらでもご紹介しています。)
大和建設様との共同で工事をさせていただきました。

kb1.jpg
向かって左側が木造棟、右側が鉄骨棟になっています。
いずれも平屋建てで、総延床面積 1367.48㎡です。

kb2.jpg
こちらがエントランスです。
保育士さんがとてもかわいらしく仕上げてくれました。

kb3.jpg
ここからお散歩に出発です!

kb4.jpg
こちらが事務所です。
保育園の運営方針や方法などをミーティングしたり保育園の要になるところです。
玄関の出入りがとてもよく見えるようになっています。

kb5.jpg
こちらが子どもたちのお部屋です。
自然素材や収納もたっぷりです。

kb6.jpg
畳のふちもこんなにかわいいんです。

kb7.jpg
安全面もとても配慮されています。

kb8.jpg
とてもにぎやかで楽しそうですね。

kb9.jpg
なにを学んでるのかな。

kb10.jpg
こちらがトイレです。かわいいですね。

kb11.jpg
個室はこんな感じです。

kb12.jpg
手洗いもやさしい感じですね。

kb13.jpg
遊戯室です。広いなあ。

kb14.jpg
舞台の下は大きな収納スペースになっています。

kb15.jpg
発表会ではたくさんの人でいっぱいです。

kb16.jpg
厨房も最新の設備とシステムで安心です。

kb17.jpg
園庭もとっても広くて楽しそうですね。

この他にもたくさんの工夫がされている「かんろ保育園」ですが、
それ以上にこちらの園長先生をはじめ保育士さんの方々の常に子どもたちの目線で、やさしくて熱心な気持ちがいっぱいの保育園です!!



鳥取 動物病院 建設 改修工事

以前当社で改修した鳥取大学の動物病院の紹介です。

鳥取大学動物病院は、動物医療の進歩や最近のペット事情から高度な医療の要望に対応するため、たくさんの獣医師が在籍し、また高度な医療機器を備えて、開業されている病院と連携して、普通では困難な診断や治療ができるようになっています。


td1.jpg
こちらが病院です。大きいですね。

td2.jpg
反対側は大きな動物を降ろしたりすることができます。

td3.jpg
受付です。シンプルですね。

td4.jpg
こちらが手術室です。一般の動物の手術室なんですがかなり広いです。
もうひとつ手術室があって同時に手術することができます。
傷口が小さくて動物に負担のかからない腹腔鏡手術の設備も整っています。

td5.jpg
さらにこちらは大きな動物の手術室です。

td6.jpg
結構大きな動物でも大丈夫そうですね。

td7.jpg
こちらがレントゲン室です。

td8.jpg
さらにMRIで検査ができます。特に脳やせき髄の病気を発見できます。

td9.jpg
施設の耐震補強も同時に行い安心安全な建物になっています。

診療科も内科や外科はもとより、神経科、循環器科、皮膚科、産科などたくさんあります。
鳥取の動物達も安心ですね!


工業団地 進出 選定の支援、サポートその3 鳥取県 島根県 岡山県 兵庫県

先回のつづきです。
造成工事のご紹介の前に、先日執り行われました安全祈願祭のご案内です。

sg1.jpg
こちらが会場です。中に入ると、

sg2.jpg
祭壇が祀られています。神様が東か南の方角を向くように祀ります。

sg3.jpg
今回は施主様と当社のほかに、
来賓として豊岡市役所様もご列席いただきました。
祝詞(のりと)を奏上されたあと、

sg4.jpg
地鎮之儀です。

sg5.jpg
最初に設計者が斎鎌(いみかま)で草を刈るように、
「えい、えい、えい」と3回入れます。

sg6.jpg
次に施主様が斎鍬(いみくわ)で土を掘るように、
「えい、えい、えい」と3回入れます。

sg7.jpg
最後に施工者が斎鋤(いみすき)で土を鋤くように、
「えい、えい、えい」と3回入れます。

sg8.jpg
参列者で玉串をお供えし二礼二拍一礼をします。

sg9.jpg
安全祈願祭の後、施主様より挨拶をいただき、
今回は来賓の豊岡市副市長様から挨拶をいただきました。

sg10.jpg
これからいよいよ本格的に造成工事が始まります。



工業団地 進出 選定の支援、サポートその2 鳥取県 島根県 岡山県 兵庫県

以前こちらのブログでご紹介したつづきです。

bs0.jpg
進出にあたり、進出企業様の事業説明から工事概要まで、
豊岡市役所や進出先の地元の方々にご説明をさせていただきました。

建設現場の方は伐採作業をしています。

bs1.jpg
特殊な機械を使って伐採をしています。

ts6.jpg
重機の先に何か取り付けてありますね。

bs3.jpg
このギザギザの部分と上にあるハサミの様なもので、


bs4.jpg
ガッチリと木をはさみます。

bs5.jpg
ガリガリっと枝を切っていきます。

bs6.jpg
最後に同じ長さに切りそろえていきます。

bs7.jpg
根も掘り起こしていきます。

ts7.jpg
建設地の形が見えてきましたね。

ts8.jpg
切った木や掘り起こした根を積み込んで、

ts9.jpg
チップにしたりしてリサイクルしています。

bs11.jpg
いよいよ次は造成工事です。



工業団地 進出 選定の支援、サポート 鳥取県 島根県 岡山県 兵庫県

企業の新エリアへの進出進出する土地の選定交渉のご支援サポートをさせていただいております。
また当社は企業が移転や新規エリアに進出する際の営業戦略上の立地将来の物流ルート競合する同業他社の動向など情報の管理をとても重要視しています。

進出先の情報が少なかったり、安易にネットワークが充実しているところに相談すると同業他社に情報が漏れたりして、どこに相談していいのかわからなくなり、なかなか計画が前に進まなかったりするのが現状のようです。

この度鳥取のある企業様の兵庫県への進出支援、サポートをさせていただいております。
2年半前から、兵庫県豊岡市への進出のご相談をいただいて、どのような形で、どのようなところに進出したらいいのかご提案をさせていただきました。

企業様の営業戦略上どこがいいのか、既存の土地建物を借りての進出、土地を購入しての進出、どの程度の大きさの土地が必要かなど、現地も一緒に視察したりして、密にお客様とお話をしていきながら進めさせていただきました。

10ヶ所程の候補地の中から一つに絞り、土地所有者との交渉をさせていただき進出が決定致しました。

ts1.jpg
こちらが進出地です。
鳥取からのアクセスもとてもいいところです。
営業戦略上もとてもいい立地で、既存のお客様、
新規のお客様の獲得にも絶好の立地となっております。

ts2.jpg
でもちょっと、木が生えてますね。

ts3.jpg
一緒に中に入ってみますと、

ts4.jpg
これぐらいの木でしたら全然大丈夫です!

ts5.jpg
造成や建物の設計、施工も当社でさせていただくにあたり、
地質調査をさせていただきました。地質の状況や硬さなどを調査致します。


さて次はこの木をどうするのかです。


つづきます。



鳥取市 末恒小学校 耐震補強工事②

以前こちらのブログでご紹介しました末恒小学校の耐震補強工事です。

s1.jpg
今はこちらの校舎の工事中です。

s2.jpg
建物内の解体工事の状況です。
人力で解体して、人力で集めて、人力で運び出します。

s3.jpg
ここに耐震補強の装置が付きます。

s4.jpg
隣りの校舎では授業をしているので、
特に音が出るところは防音用のシートで囲っています。

s5.jpg
すでに完成したところをちらっと。
中では子どもたちが授業中です。

完成したらまたこちらでご案内します。




鳥取市 倉庫建築

鳥取市で倉庫の建築をしています。
先日地鎮祭をさせていただきました。

あいにくの空模様で近くの神社で行いました。
m1.jpg


m2.jpg
昭和5年完成の神社です。
築80年になるんですが、その間何度もメンテナンスして大切にされています。

m3.jpg
狛犬もいい感じです。

m4.jpg
本殿もいいですね。
円形に配置された石柱もいいです。

m5.jpg
天候が回復したので、建設地のお祓いもしました。




鳥取市 JA会館 タワークレーンが2つ!?

j1.jpg鳥取市末広温泉町で工事中のJA会館のクレーンが2つになって活躍中です。(このタワークレーン関係今回が3回目です。以前はこちらこちらです)

少し前から2つになっていたんですが、後から増えたクレーンは「走行クレーン」といって、それぞれ役割があります。遠くから見るとほとんど同じ大きさに見えますが、微妙に大きさが違っていて、走行クレーンは左右に移動ができるようになっています。

そのフットワークの良さをいかして、最初の大きいクレーンが届かないところの作業を担当しています。

j2.jpg
右側の大きいクレーンでぐいーんって材料を揚げていきます。

j3.jpg
自分が届かないところは左のクレーンに材料を・・・

j4.jpg
ハイ!ぶつからないように慎重に、慎重に。

j5.jpg
自分でできるところは自分でします。何トンもある外壁を取り付けていきます。

j6.jpg
屋上に上がってみると、こっちが大きい力持ちの方のクレーンです。

j7.jpg
そしてこっちがフットワークのいいほうです。

j8.jpg
足元はこんなレールになってました。
これで左右に動くんですね。

j9.jpg
実は来週、両方解体されてしまうんです。
お勤めご苦労様です。
後姿に哀愁を感じますね。

さてどんな風に解体されるんでしょうか。


鳥取市 末恒小学校 耐震補強工事

sue1.jpg鳥取市末恒小学校の耐震補強工事を行っています。ここ数年小学校から高等学校まで、工事を行っているのを見かけることが多いと思います。そのほとんどが耐震補強の工事です。

子供たちの安全を守るのが第一の目的ですが、学校は災害時の地域の方々の避難場所にもなっていたりするので優先的に耐震補強工事が行われます。

学校の耐震補強工事は子供たちが授業をしながらの工事になるので、技術的なこと以上に学校や周辺の方への配慮がとても大切です。既存の校舎を補強するので、音や振動が出てしまいます。また校舎も古くなっていますので、思わぬものがでてきたり、図面通りに施工することが困難な場合もたくさんあります。

当社も今までたくさんの耐震補強工事をしてきましたが、今回の末恒小学校の工事もとても慎重に工事をしなければなりません。

sue6.jpg
まず最初は右側の校舎の耐震補強工事を行います。

sue4.jpg
それまでここの校舎の子供たちはこちらの仮設校舎に移ってもらいます。


sue2.jpg
sue3.jpg
10月頃に右側の校舎が完成したら、引越しして、

sue5.jpg
もう一つの校舎の工事に取りかかります。
来年の3月には完成しますので、またこちらでご案内します。


『番外編』
またまた話は変わりますが・・・

末恒の工事現場に行く途中に湖山池があります。

hisi1.jpg
今年は「ヒシ」らしきものがたくさん繁殖しています。

hisi2.jpg
ん?あれ?

hisi3.jpg
鳥が歩いています。そんなにファッサファサなんでしょうか?
こんなに繁殖したのも鳥が原因かもしれませんね。

hisi4.jpg
こんなにいっぱいなって大変だなぁって思っていると、

hisi5.jpg
シャカシャカシャカって音が聞こえてきました。

hisi6.jpg
な、何だ! あれは!!

hisi7.jpg
ぐいーんってターンして、シャカシャカシャカ。

hisi8.jpg
もう一台登場です。池の植物を採る専門の船のようです。

hisi9.jpg
前から「ヒシ」をとってベルトコンベヤーで、

hisi10.jpg
ガーーって、後ろに送られていきます。

hisi11.jpg
掃除しているところはずいぶんきれいになりました。
いたるところにまだたくさんヒシはあるので、
今日もシャカシャカシャカってしています。


鳥取市 JA会館 タワークレーン活躍中です。

先日こちらで紹介した鳥取市末広温泉町で工事中のJA会館のタワークレーンが活躍中です。
最上階のところまでほぼ立ち上がりましたので、建物の大きさがイメージできると思います。これからもう1基クレーンが設置され、外壁の工事に使用されます。

kure-n4.jpg
結構遠くからでも見えます。
kure-n5.jpg
近くに電線があるので合図をしながら作業します。
kure-n6.jpg
10月ごろにタワークレーンはなくなってしまいます。
またこちらでご案内します。




企業様から工場・倉庫の改善・改築のご相談

sh1.jpg先日2年位前からご相談をいただいていた企業様のところにお伺いをしました。鳥取からJRで5時間程度のところに事務所と工場があります。

幅広く事業を展開されてる企業様で事業所や工場、倉庫などいろいろ所有されているのですが、時代の流れとともに以前の建物の形状や仕様では対応できなくなってきているようでした。

特に最近は取り扱いをされている商品の種類や数量などが2~3年、早ければ数カ月で変わってしまうようです。こちらの企業様はそれぞれの地域に密着してとてもきめの細かい営業をされているので、たくさんの種類の商品があり、その対応も大変です。

品質管理や安全管理への意識も凄まじく、日々の業務の中でいろいろな改善点を考え検討されていました。建物へのこだわりもとても強く、こちらも身の引締まる思いです。常に問題を発見して自分たちでできることは、すぐに改善されているようでした。

また今回、ご訪問させていただいた時のご準備や段取り、社員の方々のとてもスピーディーな対応やチームワークなどとても勉強になります。

お客様の大切にされているご要望を取りまとめ、本当にお役にたてるご提案をしたいと思っております。

sh2.jpg



sh5.jpg

列車の中で経営者目線と実務的な目線で考え中です。



「鳥取 JA会館」

kure-n1.jpg鳥取市末広温泉町で、鳥取県JA会館を熊谷組様と共同施工しています。今年1月に着工して建物は今年中に完成しますが、解体工事や外構工事などが来年の5月まであります。

今までは現在のJA会館の裏側で、杭工事や基礎工事を行っていましたので、工事をしているのをあまり気が付かなかった思いますが、そこにニョキっとタワークレーンが登場しました。鉄骨の支柱をシャクトリムシみたいによじ登っていくので、その時は通りがかりの人が立ち止まって見物客ができるほど注目されていました。

タワークレーンにはいろんな能力のものがあり、大きなもので半径22mで70t位持ち上げられるものもあれば、5t程度のものもあります。色も航空機からの認識がしやすいように白と赤に塗られています。

今回のタワークレーンは一番先端のブーム(本体から腕のように伸びてる部分です)のところで高さ60m近くあります。重さは半径によりますが10t程度のものを持ち上げることができます。

テレビとかで「あのクレーンはどうやって下に降ろすのか?」ってよくありますが、それにはいろんな方法があります。
今回はどのような方法で下に降りてくるのでしょうか。

またこちらでご案内いたします。秋頃の予定です。

kure-n2.jpg













「鳥取市立河原あゆっこ園(河原幼保園)」

kawahara2.jpg昨年6月から鳥取市河原町で建設中だった河原あゆっこ園(河原幼保園)が完成して、最終の引渡し検査がありました。
河原町内にある2つの保育園と幼稚園がこちらの施設に入るようになっています。

少子化の進行や育児サービスの多様化に伴って生じてきている幼稚園と保育所の抱える問題点を改善していく施設になっています。

幼稚園と保育所ってとても似ているように思われますが、管轄する役所も異なっていて、運営基準とか職員の資格とか建物の設備などかなり異なってるところが多く、元来が全く別々の考え方やサービスから出発しているので「幼保一元化」って言葉で言うより難しところがあるようです。

鳥取市はもともと共働きが多いんですが、景気の低迷もあってさらに共働きが増えている状況のようです。そういう状況を別にしても、これからはもっと女性の進出や活躍が必要不可欠ですし、それに伴って女性も男性も安心して働ける環境づくりも大切ですね。

完成した建物はまた後日ご案内します。

kawahara3.jpg

kawahara4.jpg

kawahara1.jpg



「鳥取大学 動物病院(鳥取大学農学部附属動物医療センター )」

昨年の6月から鳥取市湖山の鳥取大学キャンパス内で工事をしていました「鳥取大学 動物病院(鳥取大学農学部附属動物医療センター)が完成し最終のお引渡しの検査をしていただきました。全面的な改修工事だったんですが、病院を休まずに行うため施設の半分を工事して引越して、また半分を工事するというものでした。

工事期間中は発注者の鳥取大学様はもとより、施設をご利用の方々からご協力をたくさんいただきました。

また動物病院の施設としても全国でも屈指の施設になりました。県外からペットを連れてこられる方もたくさんおられて、以前はキリンとかも来たようです。すごいですね。

最近のペット事情を反映して工事中もたくさんの方が犬とか猫などのペットを連れてこられていました。獣医の先生もたくさんおられて施設もMRI装置など整っていて最新の医療を受けることができますので、お気軽にご利用ください。

toridai1.jpg


toridai2.jpg


「鳥取 工場建設」

昨年7月から設計をはじめて建設をしていました、日本セラミック株式会社様のNiCeRaテクニカルセンタ生産棟が完成いたしました。建設場所は鳥取市広岡の工業団地です。

nicera1.jpg日本セラミック様は主にセンサをつくられていて、世界トップシェアで世界中のいろんな企業と取引をされています。
赤外線センサは人間の五感でいえば「目」、超音波センサは「耳」の役割をします。TVCMなどで有名な2足歩行型ロボットにも当然利用されています。

自動車に利用して「事故防止」に、照明器具に利用して「省エネ」に、住宅用火災報知機に利用して「安全な住空間の実現」など、安全で快適な環境づくりから地球環境まで様々な分野で利用されています。最近では医療や介護分野での利用が多くなってきているようです。このような技術を駆使して提供して人類のために貢献することを企業理念にされています。

このたび、ご縁をいただいて当社設計施工で生産棟を建設させていただきましたが、設計段階から完成までとても刺激的でした。ものづくりの企業としていろんな視点や探究心、品質へのすさまじいこだわりなどとても参考になることばかりでしたが、それ以上に特に印象に残っているのが皆さんがとても人間味が豊かなことでした。

少しアナログ的な考えかもしれませんが、ものづくりの企業としてこの『人間性』というものが、あらためてとても重要なことなんだなと思いました。当社にとっても建設を担当したスタッフをはじめ大変貴重な経験ができて、ひと回りもふた回りも成長できたと思います。

建物が完成したこれからが本当のお付き合いのはじまりになりますので、しっかりと建物の面倒を見ていきたいと思います。
竣工式の時に記念撮影をしました。完成建物はこちらからご覧ください。

nicera2.jpg

ちなみに、このような製品を独自ブランドで販売されています。

mini-re.jpgsl-660-bk.jpgsl-660-size.jpg

近づいたらセンサが反応して明かりがつくようになっています。玄関やお部屋の照明のスイッチの近くとか段差があるところなどにあると、帰宅した時や深夜起きた時に便利ですね。こちらから購入いただけます。



「鳥取こども学園」

全国的には保護者の病気や事故、離婚、虐待など家庭の環境がよくなくて、家族といっしょに暮らすことが難しくなったこどもたちがいます。そのようなこどもたちを、あずかって大切にしている施設が鳥取にはあります。

鳥取市立川町にある『鳥取こども学園』です。創立して100年以上、活動されています。0歳児から高校生までたくさんのこどもたちがいて、全国的にもここまで充実した施設はなく、全国からいろんな方が視察に来られるそうです。

当社も以前からお付合いをさせていただいており、このたび体育館を増築して図書室と保育室などをつくりました。工事中は施設の方々には大変お世話になりました。またこどもたちもとっても元気がよくて、こちらの方が元気づけられました。

『鳥取こども学園』はたくさんの方々や事業所、団体からの支援で活動をされていますので、ひとりでも多くのご協力をよろしくお願い致します。

kodomo4.jpgkodomo3.jpgkodomo2.jpg


ページの先頭へ

懸樋工務店は、建設会社です。お客様に本当に必要な建物を設計・施工・メンテナナンスします。

カテゴリ一覧

・・・

月別記事一覧

・・・

最新記事

・・・
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合せ
・・・