懸樋工務店

  • サイト利用規約
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ

ホーム > 懸樋のブログ > 10解体工事一覧

懸樋のブログ

建物解体工事 家屋解体工事 鳥取県鳥取市

住宅の解体工事をしています。
解体工事はただ建物を解体すればいいものではありません。解体工事をするとどうしても「振動」や「騒音」、「埃」が出てしまいますので、近隣への配慮や説明、コミュニケーションがとても大切です。

建物にはいろいろな材質の材料が使用されているので、分別解体や適正な廃棄物処理が必要です。

また解体工事に伴って、フェンス工事などの敷地境界を設定することもあり隣地の方とのコミュニケーションがとても重要です。

k1.jpg
こちらは郊外の共同住宅です。
アスベストが含まれている材料が使用されていて厳重に囲っての作業です。

k2.jpg
いろんな材料が使用されているので、最初は人力で分別解体をしています。

k4.jpg
地中に埋まっている建物の基礎も解体しています。

k5.jpg
解体完了!

k6.jpg
こちらは住宅街での解体工事で、厳重に囲って作業を行います。

k7.jpg
解体後は新しい土を入れて整地します。

k8.jpg
こちらも住宅街での家屋の解体工事です。

k9.jpg
植樹を伐採して丁寧に解体工事を行います。

k9-0.jpg
長年お家にあった処分できなかった不要物も、まとめて処分させていただきます。

k9-1.jpg
解体工事中は近隣への配慮がとても重要です。

k10.jpg
最後に隣地の方と境界の立会をして、敷地境界にフェンス工事を行いました。

解体工事は完成したら何もなくなるので、できるだけ低価格でというのも事実ですが、解体工事完了後のお客様と近隣への配慮がとても大切です。

建物の規模、構造問わず年間に何棟も解体しておりますので、お気軽にお問い合わせください。


鳥取市 建物解体工事 

kck1.jpg先日、鳥取市立河原中学校の体育館の解体工事をさせて頂きました。中学校の全面建替え工事に伴う解体工事です。

学校は在校生や卒業生だけでなく先生や地域の方々の思い出がいっぱいの建物です。

体育館はその中でも入学式や卒業式、クラブ活動など特別な思いがあるところだと思います。

解体工事というと大きな重機でガチャーンって壊しているイメージがあると思いますが、建物には鉄やコンクリートやプラスティック、木材などたくさんの種類の材料が大量に使用されているので、それらを分別するためにとてもきめ細かい作業をしています。特にアスベストが含有されている材料が使用されているととても慎重に作業しなければなりません。

解体作業をするとどうしても振動や騒音、埃などが出てご迷惑をおかけする時があるかと思いますが、建物やお客様への思いや近隣への配慮の気持ちを持ちながらしておりますのでご協力よろしくお願いいたします。

kck2.jpg
思い出たっぷりの体育館です。雰囲気もいいですね。

kck3.jpg
アスベストが含まれた材料が使用されていたので厳重に囲います。

kck4.jpg
kck5.jpg
最初は手作業で分別解体です。

kck6.jpg
kck7.jpg
kck8.jpg
その後大きな重機で解体していきます。水をまきながら埃がたたないようにします。

kck9.jpg
土の中に埋まっている基礎部分も大きなはさみのようなもので取り除きます。

kck10.jpg
整地して解体完了です。今まで見えなかったものも見えるようになりました。
あの校舎も建物ができたら解体されてしまいます。


『番外編』
またまた話は変わりますが・・・

kck11.jpg
解体現場の近くの千代川にこんなものが・・・

kck12.jpg
昭和33年にできた取水堰です。味があります。通路のとことかいい感じで仕上がってます。

kck13.jpg
ここで堰をして水を堤防の反対側に・・・

kck14.jpg
ザバーーーって流します。

kck15.jpg
水がザーーって流れていきます。

kck16.jpg
その下流の方には、おおーーー!さらにでかいものが。

kck17 (2).jpg
これもまた味のある橋を渡っていきます。いい佇まいしてます。

kck17 (3).jpg
昭和47年にできた「あゆみはし」です。

kck17 (4).jpg
ここから鮎が上っていくのが見えるんでしょうか。

kck17.jpg
鋼製ローラーゲート形式の「河原水門」です。

kck18.jpg
扉の幅は15.5m、高さは6.78mあります。ぬりかべみたいです。

kck19.jpg
後ろ姿もきまってます。

kck20.jpg
ぐるぐるのらせん階段がかわいいですね。

kck21.jpg
ん?なにかあります・・・

kck22.jpg
近くには昔懐かしい景色がありました。

kck23.jpg
昔の農家の家って感じです。いいですね。

kck24.jpg
とうみです! とうみ!! タイムスリップしたようです。

土木の構造物も建物も一生懸命つくられたものは、いろんな思い出もあったりして、いつまでも大切にしたいですね。



「鳥取 住宅の解体、家屋解体」

kaitai3.jpg鳥取市内で住宅や家屋の解体工事をしています。解体工事は建物がなくなってしまうものですから、なるべく費用を抑えたいものです。しかし住宅にはいろんな材質の建材がたくさん使用されています。一般的な住宅では40~50トンもの材料が使用されているといわれてます。

その建材の中にはアスベストを含む材料もあったりして、とても慎重な解体や対応が必要で、きちんと許可や手続きをして、許可された方法で認められているところに廃棄しなければなりません。

解体工事をすると、どうしても『振動』『騒音』『粉塵』などがしてしまいます。工事に着工する前には近隣にご挨拶をさせていただくんですが、どうしてもご迷惑をおかけしてしまいます。

ただいつも『お客様や周辺の皆様や環境にとって、よい解体工事をしよう』と考えています。

kaitai2.jpg


kaitai1.jpg



「鳥取 建物解体工事」

当社では木造の住宅から鉄骨や鉄筋コンクリートの建物などいろんなものを解体しています。
長い間住んできた家やお世話になった事務所や工場など、建物を解体するまでにはお客様の中でいろんなお考えをされています。そこにはいろんな思い出があったり、高額な費用をかけて建てられた建物ですので当然のことと思います。

ただ一旦決断されると、解体してなくなってしまうものなので、なるべく費用をおさえたいというのも事実です。当社では年間に何棟ものいろんな建物を解体しています。解体工事のあとには駐車場にしたり整地をしたり、売却をお考えになったりと、建替えをともわない解体工事もたくさんあり、その後のフォローまでお手伝いさせていただいています。

また当社が解体工事をするときに、とくに気をつけていることは近隣にお住まいの方への配慮です。解体工事ではどうしても『騒音』 『振動』 『ほこり』などが発生してしまいます。近隣へのご迷惑を少しでも軽減するために、工事がはじまる前や完了した後に近隣へのあいさつや説明などをさせていただいています。工事中の対応もスピーディに行うよう心がけています。

解体工事がすんでも、お客様はそこで新しい生活をスタートさせたり、駐車場として利用しつづけたりされます。近隣へのご負担を少なくすることが、お客様にとって「よい解体工事」になると思っていますので、解体工事も当社にお電話やこちらからお問い合わせください。
break1.jpgbreak2.jpgbreak3.jpgbreak4.jpg
break7.jpgbreak8.jpg


ちなみにこのようなものも解体しています。

ページの先頭へ

懸樋工務店は、建設会社です。お客様に本当に必要な建物を設計・施工・メンテナナンスします。

カテゴリ一覧

・・・

月別記事一覧

・・・

最新記事

・・・
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合せ
・・・