懸樋工務店

  • サイト利用規約
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ

ホーム > 懸樋のブログ

懸樋のブログ

住宅のリフォーム 外壁改修 屋根葺替改修 鳥取県鳥取市

鳥取市内のお客様から住宅のリフォームのご相談をいただきました。
築40年程経過しているお家で、この度内装、外装、屋根等全面的にリニューアルしたいとのことでした。

i1.jpg
鳥取市内の閑静な住宅街です。
入母屋造の屋根ですね。

i2.jpg
L字型の住宅で手前が平屋、奥の方が2階建てになっています。

i3.jpg
入母屋の屋根を、この度新しく切妻造の屋根にして全体的に洋風のお家にしたいとのご相談でした。

i4.jpg
玄関も全面的に新しくなります。

i5.jpg
まずは2階の屋根の改修工事です。
屋根の上の土をおろして、

i6.jpg
入母屋造の屋根を一部撤去していきます。

i7.jpg
そして新しく切妻屋根をつくります。

i8.jpg
屋根の形が見えてきました。

i9.jpg
洋風な感じになってきましたね。

i10.jpg
2階の屋根の完成です!

次回は1階の屋根工事です。


エルスリー鳥取 デイサービス建設 建築工事その2 鳥取市

以前こちらでご案内しておりました『エルスリー鳥取デイサービス』の工事です。

ed4.jpg
上棟が完了して建物のかたちが見えてきましたね。
奥の建物が住宅型有料老人ホーム「エルスリー鳥取壱番館と弐番館」です。

ed5.jpg
とてもシンプルでいいですね。

ed6.jpg
デイサービスで大きな空間が必要なので、梁は集成材で設計しています。
大きいですね。

ed7.jpg
建物の中では墨だし中で、基準になる高さを設定中です。

ed8.jpg
隣ではエルスリー鳥取参番館の基礎工事中です。

またこちらでご案内します。


お寺の石垣工事 石積み工事 お城積み 鳥取県鳥取市

鳥取市内でお寺の石垣工事をしています。
今回の石垣の工事は数年前に災害で崩れてしまった石垣の工事です。

hi1.jpg
以前崩れてしまったときに応急処置はしてありましたが、庫裏もぎりぎりでかなり危険な状態でした。

hi1-1.jpg
土砂が隣のお家にももたれかかる寸前でした。

hi2.jpg
まず石垣の基礎工事をするため、庫裏を持ち上げて6mくらいバックさせます。

hi3.jpg
小さな重機が入れるようにして、崩れた土砂やコンクリートの撤去です。
そのあと基礎工事を行います。

hi4.jpg
今回、隣と近いところはこのブロックで施工します。
省スペースで施工可能で、施工スピードも速い製品をご提案させていただきました。

hi5.jpg
人が入るのがやっとスペースですが、

hi6.jpg
ブロック工事完成です。

hi6-1.jpg
反対側から見たところです。
施工スピードが速かったので、ここまでできたら庫裏もひとまず安心ですね。

hi6-2.jpg
表面の模様もいい感じです。

hi8.jpg
自然石が到着しました。
正面はこちらの石を使用して石垣をつくっていきます。

またこちらでご案内します。


鳥取市 建物改修工事 湖山小学校 耐震補強工事その2 

以前こちらでご紹介した湖山小学校の耐震補強工事の続きです。

kt1.jpg
来ました来ました、耐震ブレース。

kt2.jpg
これをクレーンで吊って建物に取り付けていきます。
今回の耐震補強工事で23箇所の耐震ブレースを取り付けます。

kt3.jpg
建物の中にグイって建てこむので慎重に作業します。

kt4.jpg
仮に取り付けられた状態です。アンカーが四方にたくさんつけられていますね。

kt5.jpg
型枠を設置して建物と耐震ブレースの隙間に無収縮のモルタルを流し込みます。
このアンカー工事と無収縮のモルタル工事はとても重要な工程です。

kt6.jpg
台風が近づいてシートをたたんでいます。

kt7.jpg
耐震ブレースが3階まで取り付けられてるのがよく見えますね。

つづきはまたご案内致します。


物流センター 工場倉庫の改修工事完成 鳥取県北栄町

以前こちらのブログでご紹介しました物流センターの改修工事が完了しました。
物流センターは建物そのものが『働く建物』として機能しています。
他の建物と違い、経年劣化に加え損傷も多くなります。

また長年使用してきたお客様独自の使用方法やノウハウもあり、改修の時にそれらを取り入れて改修します。
当社も様々な業種のお客様から学んだ経験を当社独自のノウハウとしてご提案させていただいております。

sc1.jpg
こちらは数か月前の改修前の建物です。
外部・内部とも損傷が見られました。

sc2.jpg
改修後の建物です。とてもきれいになりましたね。
建物の機能も向上しましたが、スタッフの方々の労働環境もとてもよくなりました。

sc3.jpg
こちらは改修前の事務所です。

sc4.jpg
改修後の事務所です。床もOAフロアになり配置が自在となり業務効率の向上になります。
改修工事中は最初に改修した2階の会議室スペースを仮の事務所として使用していただきました。

sc5.jpg
冷蔵・冷凍庫、乾物倉庫の内部の改修前です。

sc6.jpg
内部も改修し床も滑りにくい防塵床になりました。

sc7.jpg
屋根もカバー工法で2重にして、倉庫の断熱性が向上しました。

sc8.jpg
社内検査の状況です。

当社は長年積み重ねてきた事例やノウハウ、たくさんのお客様から学んだ貴重な経験を生かし、お客様の大切にされているものを大切にして本当にお役にたてる建物を、お客様の視点で工務店の視点でご提案させていただきます。

その他の施工実績もこちらでもご案内しております。



エルスリー鳥取デイサービス 建設

以前、こちらでもご紹介をしておりました、『エルスリー鳥取壱番館』『エルスリー鳥取弐番館』に次いでデイサービス棟の建築工事中です。

エルスリー鳥取様のデイサービスは壱番館に併設されているんですが、ご利用の方が増え新たに弐番館の隣にデイサービスを建築されることになりました。

ここは鳥取市郊外の環境のいい静かな住宅街にある福祉ゾーンで、とてもリーズナブルでご利用でき、とても人気が高いです。

ed1.jpg
手前の右側の建物がエルスリー鳥取壱番館です。その左がエルスリー鳥取弐番館。
今回のデイサービス棟は弐番館の隣で建築中です。

ed2.jpg
現在は基礎の工事中です。

ed3.jpg
断熱材を敷き詰めています。

またこちらでご案内致します。



湖山小学校 耐震補強工事 鳥取県鳥取市

鳥取市内で湖山小学校の耐震補強工事をしています。

ks1.jpg
こちらが湖山小学校です。
右側に現場事務所、左側に仮設校舎が建っています。

ks2.jpg
グランドの奥が校舎になっています。

ks3.jpg
体育館は数年前に改修されていますね。

ks4.jpg
こちらがプレハブの仮設校舎です。
湖山小学校の約半数の子供たちがこちらに移っています。

ks5.jpg
まず最初に校舎の左側半分の耐震補強工事を行っています。
左側の工事が済んだら右側の半分の子供たちが仮設校舎に移り、
そこの耐震補強工事を行います。

ks6.jpg
現在は部分的に解体されて、ここに耐震補強の鉄骨が取り付けられます。


またこちらでご案内します。


墓地造成工事 墓地整備工事 鳥取県鳥取市

鳥取市内で墓地の造成工事をしています。
墓地の取得は霊園などの共同墓地を購入するか、所有している土地に新しく墓地を整備する方法があります。

新しく墓地を整備するときには、まずそこが墓地として整備可能かどうか、また可能でも様々な手続き、届出書類が必要になったりします。

農地であれば農地転用の手続きが必要になり、また造成工事が必要な場合は図面関係も必要になります。

今回の墓地造成工事はお客様所有の農地と山を造成して墓地にするものでした。

b1.jpg
こちらが墓地予定地です。大小結構たくさんの木があり完成のイメージができませんね。

b2.jpg
調査もかねて、まずこちらの木の処理をさせていただきました。

b3.jpg
なんとなく地形がわかるようになってきましたね。

b4.jpg
隣地の地権者の方や道路管理者の市役所と境界立会もさせていただきました。

b5.jpg
いよいよ着工です。今回の場所は山からの下がり水があり、その水の処理は厳重に行いました。
栗石を敷きならして、さらに縦横に暗渠排水で湧水処理をしてあります。

b6.jpg
ご要望もあり自然石の石積み工事で造成いたしました。

b7.jpg
石積み工事ができて、墓地のかたちが見えてきましたね。

b8.jpg
山の法面部分も処理をして、

b11.jpg
完成です!!

b10.jpg
今回は6区画の墓地工事でしたが、ほとんどが1~3区画の墓地が多いですね。

b12.jpg
湧水を利用してつくりました。花立や水溜、お墓掃除に便利ですね。

墓地の造成工事は山の麓など、湧水が多かったり、狭い場所での工事が多く、宅地の造成工事とは違います。
また場所の選定やいろんな手続きも多く面倒です。
当社ではそれらを必要に応じて一括で行っておりますので、お気軽にご相談ください。



建物解体工事 家屋解体工事 鳥取県鳥取市

住宅の解体工事をしています。
解体工事はただ建物を解体すればいいものではありません。解体工事をするとどうしても「振動」や「騒音」、「埃」が出てしまいますので、近隣への配慮や説明、コミュニケーションがとても大切です。

建物にはいろいろな材質の材料が使用されているので、分別解体や適正な廃棄物処理が必要です。

また解体工事に伴って、フェンス工事などの敷地境界を設定することもあり隣地の方とのコミュニケーションがとても重要です。

k1.jpg
こちらは郊外の共同住宅です。
アスベストが含まれている材料が使用されていて厳重に囲っての作業です。

k2.jpg
いろんな材料が使用されているので、最初は人力で分別解体をしています。

k4.jpg
地中に埋まっている建物の基礎も解体しています。

k5.jpg
解体完了!

k6.jpg
こちらは住宅街での解体工事で、厳重に囲って作業を行います。

k7.jpg
解体後は新しい土を入れて整地します。

k8.jpg
こちらも住宅街での家屋の解体工事です。

k9.jpg
植樹を伐採して丁寧に解体工事を行います。

k9-0.jpg
長年お家にあった処分できなかった不要物も、まとめて処分させていただきます。

k9-1.jpg
解体工事中は近隣への配慮がとても重要です。

k10.jpg
最後に隣地の方と境界の立会をして、敷地境界にフェンス工事を行いました。

解体工事は完成したら何もなくなるので、できるだけ低価格でというのも事実ですが、解体工事完了後のお客様と近隣への配慮がとても大切です。

建物の規模、構造問わず年間に何棟も解体しておりますので、お気軽にお問い合わせください。


物流センター 防鳥ネット工事 防球ネット工事 鳥取県倉吉市

物流センターや工場、倉庫に防鳥ネットの取り付け工事をしております。
これらの用途の建物は商品や資材の搬出搬入口があり、そこには大きな庇があります。

その庇の裏側には鉄骨の梁などがむき出しになっていることが多く、鳥たちの格好の休憩場になっています。

今回は鳥取県の中部地方のある企業様の物流センターの庇に防鳥ネットを取り付けました。

kn1.jpg
庇の部分に梁があり鳥がとまりやすくなっていますね。

kn2.jpg
ここにこのように鳩などの鳥がとまってしまいます。

kn3.jpg
鳥がとまっている下はこのように汚れてしまいます。

kn4-0.jpg
庇の梁の部分や屋根の隙間をネットで覆います。

kn4-1.jpg
基本的に高所作業車で施工するため出入り口の業務の制限も最小限です。

kn6.jpg
ネットの色も各種ありシルバー色だとほとんど違和感なくできます。

kn7.jpg
ネット工事完了です。全然ネットが気になりませんね。

kn7-2.jpg
照明器具のところは交換できるようにくり抜いてあります。

以前の実績もこちらでご紹介しています。



前の10件1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページの先頭へ

懸樋工務店は、建設会社です。お客様に本当に必要な建物を設計・施工・メンテナナンスします。

カテゴリ一覧

・・・

月別記事一覧

・・・

最新記事

・・・
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合せ
・・・