懸樋工務店

  • サイト利用規約
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ

ホーム > 懸樋のブログ

懸樋のブログ

社内研修・新入社員研修⑤

当社は新入社員研修だけじゃなくそのほかの研修も充実させています。

入社数年から30年以上働いている社員にも、あらためて『いまさら聞けない社会人マナー研修』と銘打って行いました。

いろんな場面、いろんな階層、いろんな方法手段でお客様とコミュニケーションをとる機会が増えています。

名刺交換、電話の応対からメールのやり取りの方法、応接や車での席次等、なんとなく感覚でしてしまっていることがあり、あらためて勉強になります。

意外と知らないことや今までの応対がおかしかったり、笑顔と恥ずかしさが入り混じった研修となりました。

2016-11-19 09.11.49.jpg

2016-12-03 15.20.12.jpg

2016-12-03 10.00.40.jpg

2016-12-03 15.38.10.jpg

社内研修・新入社員研修その④

今回は鳥取市内の材木会社、久本木材(株)さん、建材会社、久大建材(株)さんに研修でお邪魔しました。

kdk1.jpg


扱っている製品が多品種で大きいためとても敷地が広いです。

kdk2.jpg


お忙しい中、社長自ら工場内をご案内していただきました。

kdk3.jpg


木材が加工されているのをいろんな角度から見てて、なかなか機械の前から動こうとしません(笑)

kdk4.jpg


すごいですね~
出来あがるとこのように精密に仕上がります。
1日で普通のお家だったら2軒分の加工が可能です。

kdk5.jpg


これ全部1枚につながっているんです。ひっぱったって切れません。
木のいい匂いがします。少し分けてもらって帰りました。

kdk6.jpg


またまた見入ってなかなか動きません(笑)

kdk7.jpg


木材は1、2週間、乾燥機で乾燥させ反り、割れ、収縮などが出にくいようにします。

kdk8.jpg


工場内はきれいに整理・整頓・清掃されていて、仕事の安全、品質への意識の高さをとても感じました。

kdk9.jpg


とても刺激を受け、いろいろ見習うべきところがたくさんありました。

次回このシリーズ最終回です。



社内研修・新入社員研修その③

前回のつづきです。

前回の訪問から4週間後、またまた鳥取生コンクリートさんに生コンの強度試験のためお邪魔しました。(コンクリートは4週間後に本来の強度になります)

tn6.jpg
4週間前に作っておいた3本の供試体(テストピース)です。
写真ではわかりにくいですが、一番下のテストピースの表面はつるつるで上2つのテストピースは気泡が表面にたくさんあります。
実際の試験の時にはきちんとしたテストピースを作成するんですが、今回は研修ということで前回テストピース作成時に十分に締め固めたものとそうでないものと作りました。
表面つるつるのテストピースがよく締め固めたものです。型枠を外した時その違いがよくわかりますね。

tn7.jpg
一つ一つ試験していきます。上から圧縮していき、どこでテストピースが破壊されるか試験します。

tn8.jpg
先輩社員にとっては見慣れた光景なんですが、今回は2種類のテストピースで試験を行っているため、皆興味津々です。
試験の結果は、すべてのテストピースとも本来の強度が確認できましたが、今回は特別にテストピースを試験機で割ってもらうと違いが明らかでした。

tn9.jpg
こちらが基準通り締め固められたテストピースです。
割れ目がまっすぐきれいに確認できます。

tn10.jpg
こちらが基準通りに締め固められなかったテストピースです。
割れ目があちこちに広がり今にも粉々になりそうです。

tn11.jpg
中を確認してみると、上の2つがよくない例、下の2つがよい例です。
よくない例は砕石やセメントが一方に偏ってしまいコンクリートの中で材料の分離が発生してしまっています。
よい例はコンクリートの中で砕石やセメントがまんべんなく広がっています。

tn12.jpg
本社に持って帰り、今回の研修に参加できなかった社員にもわかるように展示しています。
もうどちらが良い方かわかりますね。

tn13.jpg
右の2つがよい例です。
一見、コンクリートの表面では違いは判りませんし、試験しても本来の強度は発生するんですが、基準通りの施工管理を行わないとこのように性能の差がはっきりと出てきます。
この違いが、地震の時や長い年月の建物の耐久性に大きく影響します。

さらに次回につづきます。


社内研修・新入社員研修その②

前回のつづきです。

新入社員に加えて、若手中堅社員も参加してのコンクリートの研修です。
鳥取県内でも最新の設備を導入されている『鳥取生コンクリート(株)』さんにご協力を頂いての研修です。

tn1.jpg

tn1-2.jpg
まずは試験室でセメント、水、砂、砂利等を混ぜて、生コンクリートを実際に作ってみます。
ちなみに固まる前のコンクリートを一般的に『生コンクリート(生コン)』、『フレッシュコンクリート』などと呼びます。

tn2.jpg
生コンの流動性を確認するスランプ試験です。
ワーカビリティー(施工のしやすさ)の重要な要素となります。

tn3.jpg
生コン中の空気量を確認中です。
空気量が多過ぎると強度が下がってしまいます。

tn3-2.jpg
コンクリートが固まってから、後日(28日後)強度を確認できるように供試体(テストピース)も作っておきました。
この他にも試験はあるんですが、実際にはこれらの試験を現場にアジテータ(ミキサー車)で運搬されてきた生コンを決められた頻度で採取して試験を行います。

tn4.jpg
工場内も案内してもらい、

tn5.jpg
モニターで実際生コンが生産されているところも確認させてもらいました。

『鳥取生コンクリート』さんは昨年最新の設備を導入されて、以前の2倍もの生コンを生産できるようになりました。
生コンは品質的に決められた時間内に少しでも早く打設する必要があるので、当社のコンクリート造の建物はほとんどこちらの工場から出荷されています。

次回その3につづく

社内研修・新入社員研修①

今年も新卒新入社員が新しく当社に仲間入りしてくれました。
4月は研修期間としてまずは会社に慣れてもらうことを第一に様々なことを学んでもらいます。
これから現場に配属されて先輩社員と現場の技術者として羽ばたいていきます。
楽しみですね。

snk1.jpg
測量研修中です。
測量器の設置の仕方、測量方法等何日も何回も繰り返し行います。

snk2.jpg
徐々に声も大きくなり、様になってきました。

snk3.jpg
座学で計算方法や測量データの整理の仕方など勉強中です。

snk4.jpg
意外と難しいロープワークの練習。
まずは先輩がお手本。

snk5.jpg
資材が落ちないようにしっかり固定するため少し複雑な縛り方のようです。
突っ立ってる感が新入社員らしくていいですね(^^)

snk6.jpg
何度も練習しているうちに腰がはいってしっかり固定できるようになりました。

snk7.jpg
意外と知らない土のうの作り方。

snk8.jpg
現場や災害時に必要なので必須です。

snk9.jpg
工事用の安全看板の取り付け方法の研修です。

snk10.jpg
最近は結束用バンドが多くなりましたが、他の用途に応用できるため
番線での取り付けを学びます。

snk11.jpg
繰り返し練習します。

次回その2につづく

鳥取県八頭町 大江ノ郷ヴィレッジ

昨年から鳥取県八頭町で工事をしていました『大江ノ郷ヴィレッジ』が完成、オープンしました!
os1.jpg


os2.jpg
造成工事から始まって最初はこんな感じだったんですよね。
地鎮祭が昨年の9月に行われました。

os4.jpg
基礎工事がつい最近のようです。

os5-2.jpg
この現場では特に当社の若手社員ががんばって、活躍してくれました。
(ちなみに左の二人は新入社員です)

os6.jpg
建方が済むと建物の大きさや形がわかるようになります。

os7.jpg
内装工事や設備工事をして完成です。

os8.jpg
とにかく照明器具のひとつひとつが個性的fです。

os9.jpg


os11.jpg
竣工式にはたくさんの方々がいらっしゃいました。

os12.jpg

os10.jpg
社長様が丁寧にコンセプトなど説明されました。

os13.jpg
建物以外の家具やインテリアが気になってしょうがないです(^^)

os14.jpg


os15.jpg

os16.jpg
またご案内します。


懸樋工務店の採用活動

今年もたくさんの学生さんたちとお会いしお話をする機会がありました。
各学校の企業説明会、就職フェア、インターンシップ、会社訪問などで、学生さん達が何を知っていて何を知りたくて、何がしたいのかお話をすることで、あらためて会社を見つめなおすこともできます。

まわりの友人が就職が決まっていくと焦ってしまうという学生さんや、今学校で習っていることがどう社会で役立つのわからないという学生さんもおられるようでした。

始動は早めがいいかもしれませんが、あまり焦ってどこかに決めなくても大丈夫だと思います。
大手企業や中小企業、また地元の企業さんもたくさんいいところがあります。
また今学校で習っていることも必ず役に立ちます。働きだしてからもたくさん経験し学ぶことも多くしっかりと会社で教えていきます。

そこは安心してください!

企業説明会や就職フェアでは限られた時間で説明が足らないと思いますが、
いつでも、 info@kakehi-const.co.jp  か、お電話でご連絡くださいね。

sy1.jpg
たくさんの学生さんとお話をしました。

syuu1.jpg
学生さんのしたいことを聞いてると、こちらも刺激を受けます!

sy4.jpg
学校に訪問もさせていただきました。

sy5.jpg
インターンシップも積極的に受け入れています。

sy6.jpg
学生の方々に会社訪問いただいて、

sy7.jpg
設計のお仕事や、

sy8.jpg
卒業生の社員から施工のお仕事の説明をさせていただきました。

sy9.jpg
実際に基準となる墨出しの方法も見ていただきました。
天井に赤い線が見えますが、現在はレーザーで墨出しをすることが多くなりました。

syuu2.jpg
気軽に声をかけてくださいね。

鳥取県鳥取市 特別養護老人ホーム のでらはまゆう

当社で施工させていただいた鳥取市野寺の特別養護老人ホーム『のでらはまゆう』です。

nh1.jpg
鳥取の市街地からすぐのとこなんですが、まわりを田園風景に囲まれてとてもロケーションがいいですね。

nh2.jpg
こちらの賛幸会様は『自分らしさ』を尊重されており、全部屋個室の70床となっています。

nh3.jpg
夜景もいいですね。

nh4.jpg
とても落ち着く環境です。

nh5.jpg
とても広々としたエントランスです。

nh6.jpg
こちらの施設は地域と共に暮らしていくというコンセプトになっていて、建物内にはいつでも地域の方々が利用できるスペースがたくさん用意されています。
こちらのカフェコーナーや、

nh7.jpg
共生ホーム、

nh8.jpg
足湯もあります。

nh9.jpg
居室も広々していますね。

nh10.jpg
入所者ひとりひとりにあった個別ケアを提供し、穏やかな生活を送っていただけるよう支援されています。


「夢をかなえる白の邸宅 ラ・メゾン・ド・ブランシュ」

夢をかなえる白の邸宅 ラ・メゾン・ド・ブランシュが完成いたしました。
前回に引き続きお手伝いをさせていただきました。

今回は、『真っ白な邸宅を、思い描いた夢で彩って、世界にひとつだけの結婚式を』がコンセプトとなっています。

00.jpg
『夢をかなえる白の邸宅』

02.jpg
上空からの全景です。
ブランシュ様は、チャペル、披露宴、レストラン、着付け、ドレスのレンタル、写真撮影などすべてこちらにそろっています。

03.jpg
夜にはまた別の表情になりますね。

07.jpg
チャペルへの回廊も新しく整備されてとても便利になりました。
芝生がきれいですね。

06.jpg
ムーディーです!こうゆうとこ歩きたいですね(^^)

13.jpg
『ゲストの笑顔を近くに感じるチャペル』

17.jpg
『一番多くのありがとうが集る場所』

19.jpg
今回増築されてとても広くなったんです!

23.jpg
こちら見えるからお庭がほんっと最高なんです!!

22.jpg
ここからもムーディー!(2回目w)

04.jpg
鳥取市青葉町の『ラ・メゾン・ド・ブランシュ』様は"たくさんのありがとう"に包まれる空間を目指されています。
お客様と一緒になって楽しむ!それが、ラ・メゾン・ド・ブランシュ流です。
ヨーロッパ感あふれる素敵な空間にありがとうがあふれ、そしてとってもアットホームなんです。


住宅型有料老人ホーム エルスリー鳥取 鳥取県鳥取市 

何年かにわたり建築中だった住宅型有料老人ホームエルスリーシリーズのご案内です。

es0.jpg
敷地の中心にデイサービスを、そしてその周りに住宅型有料老人ホームが配置されています。
こちらの施設を利用されている方はもとより、近隣の方もこちらのデイサービスを利用することができます。

es1.jpg
こちらが4番館で、奥の建物が3番館です。

es3.jpg
約500㎡のコンパクトな建物ですが、16室の居室があります。

es4.jpg
こちらがエントランスで来客者からの配慮もされています。

es5.jpg
事務所からは来客、食堂コーナーが見渡せるようになっています。
資格を持ったヘルパーさんが24時間常駐し夜間も巡回します。
生活支援はもちろん、緊急時の対応もきちんと考えられています。

es6.jpg
コンパクトな施設ですが食堂コーナーはゆったりしています。

es7.jpg
事務所スペースは壱番館に本部機能を持たせていますのでコンパクトです。

es8.jpg
お風呂コーナーも広くて段差もありません。

es9.jpg
トイレもゆったり広くて安心ですね。

es10.jpg
厨房も本格的な設備がそろっていて、食事サービスも充実し健康管理をされています。

es11.jpg
2階へはエレベーターがあります。

es12.jpg
車いすでも余裕があり、ベッドも入る本格的なエレベーターです。

es13.jpg
各居室も基準より広めにつくってあり、

es14.jpg
すべてのお部屋にトイレと手洗いがあり安心ですね。


es15.jpg
このたびご提案させていただいたこのエルスリーシリーズは、コンパクトな施設でありながら入居者の方には安心でゆったりと暮らせる空間となっています。

無駄やロスを極力減らして設計し建設コストも抑え、また建設のたびに改良をしコストパフォーマンスを上げていきました。
入居費用も含め運営コストがリーズナブルでとてもやさしくなっています。

鳥取市内だけじゃなく、米子市や岡山県の医療施設、福祉施設のお客様から建設計画のご相談をいただいています。


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページの先頭へ

懸樋工務店は、建設会社です。お客様に本当に必要な建物を設計・施工・メンテナナンスします。

カテゴリ一覧

・・・

月別記事一覧

・・・

最新記事

・・・
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合せ
・・・