懸樋工務店

  • サイト利用規約
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ

ホーム > 懸樋のブログ

懸樋のブログ

鳥取 住宅型有料老人ホーム 「エルスリー鳥取」

鳥取市卯垣に住宅型有料老人ホーム『エルスリー鳥取』が完成しました。

住宅型? 有料老人ホーム?という感じで住宅型有料老人ホームってあまりなじみがないと思います。

今回のこの施設は、ハード面では全16室の居室があり、プライバシーに配慮しつつ、ある程度自由に共同で生活ができて、2階建てなんですがエレベーターのある豪華版の寮っていうイメージです。この辺が「住宅型」というところでしょうか。

ソフト面では、食事サービスや緊急時の対応などの生活支援はもちろん、資格を持ったヘルパーさんが24時間常駐し夜間も巡回したり、施設スタッフが健康管理して、協力医療機関の訪問診療があったりととても充実しています。この辺が「有料老人ホーム」ってところですね。

そして一番この施設が一般の老人ホームと違うところは、介護サービスは入居者それぞれが外部サービスを利用するというところです。

一般の介護施設がホーム主体で介護サービスが決められるのに対して、住宅型有料老人ホームは在宅で介護サービスをうけるのと同様に、入居者一人一人異なる介護プランを立てるのことが可能になっているので、在宅時に慣れた介護プランや希望に沿ったきめ細かいサービスが受けられるのが特徴になっています。

特に『エルスリー鳥取』は全16室の小規模コミュニティーを大切にされていて、さらに低価格で入居しやすく、全館バリアフリー、ナースコール、スプリンクラーなど安全設備も充実していて住み続けやすくなっています。
またcafeスタイルのデイサービスも併設されていて、リハビリやイベントにも参加できるようになっているんです。

er1.jpg
鳥取市卯垣 『エルスリー鳥取』

er2.jpg
居室です。とても明るく清潔感があります。

er6.jpg
きれいなお部屋ですね。

er3.jpg
食堂です。皆さんがここで食事します。

er4.jpg
併設されているデイサービスです。

er5.jpg
周辺環境に恵まれた閑静な住宅街にあります。
2012年春 エルスリー鳥取弐番館開設準備中です。



兵庫県 豊岡市 物流センター 設計 建設 その3

以前こちらでご案内したつづきです。

鉄骨の建て方が完了したら屋根や外壁の工事です。

sy1.jpg
クレーン車で1枚づつ屋根葺きしています。
1枚がとても長いので慎重に作業します。

sy2.jpg
屋根葺きが完了しました。

屋根工事が完了したらサッシ工事や外壁の工事が始まります。

sg1.jpg
外壁の材料です。ALCといって特殊コンクリート製の外壁です。
厚くて重そうなんですが水に浮くほど軽量です。
耐火性、遮音性、耐久性が高くてリーズナブルな外壁材です。
今回こちらを採用させていただきました。

sg2.jpg
こちらも1枚1枚張っていきます。

sg3.jpg
外壁はすべてALCになっています。
次は建物内の工事です。

ところで・・・

工事現場の近くにあるんです。
神鍋高原にある「兵庫県立但馬ドーム」

td2.jpg
平成10年10月1日竣工
三菱重工業株式会社施工
ドーム棟とセンター棟に分かれています。

td3.jpg
センター棟 鉄骨造 1380.58㎡
管理事務所やレストラン、ジャグジーなどがあります。

td4.jpg
ドーム棟 鉄骨造 19,006.58㎡
高さは59.81m!

td4-1.jpg
すごく威圧感あります。
三菱っぽいなぁ~

td6.jpg
センター棟に入ると暖炉があります。
雰囲気いいですね。

td7.jpg
吹抜けも開放感たっぷりです。

td8.jpg
ドーム棟へこちらの渡り廊下から行くと・・・

td9.jpg
但馬ドーーム どーーーん!!
この複雑さ、ちょっと感動ですね。

td10.jpg
土のグランウドがとてもきれいです。
実はこのドーム開閉式なんです。
開くとどうなるんでしょうね。

td10-1.jpg
「パカッ」っとこんな感じです。
絶景ですね。

td10-2.jpg
外からみたらこんな感じで、

td10-3.jpg
「パカッ」

ドーム棟にはこの他にも、

td12.jpg
インラインスケート場や、

td13.jpg
ダンススペースやトレーニングジムなどがあります。

td14.jpg
「兵庫県立 但馬ドーム」

兵庫県豊岡市日高町名色88-50
tel 0796-45-1900

鳥取からは1時間ちょっとで行けれます。
近いですね。


鳥取県JA会館完成!!

鳥取市末広温泉町に鳥取県JA会館が完成です。
鳥取県のJAグループ全体の本部になる施設です。
関連団体のほかに日本政策金融公庫様も入居されています。


jz1.jpg
まずは正面から。

jz2.jpg
ちょっと角度を変えて。

jz4.jpg
エントランスはシンプルですっきりとしてます。

jz5.jpg
1階には展示コーナーがあります。
地域やJAグループから情報が発信されています。

jz6.jpg
いろんな団体が入居されているので、
いろんなオフィスや役員室がありますね。

jz7.jpg

jz8.jpg

jz9.jpg

jz10.jpg

jz11.jpg
鳥取市の繁華街が近くにあって夜景もいいですね。


こちらでもいろいろな事務所ビルの実績を紹介しています!


兵庫県 豊岡市 物流センター 設計 建設 その2

以前こちらでご案内したつづきです。

鉄骨の建て方の前に、鉄骨の検査を行っています。

st1.jpg
こちらの鉄工所で出荷前に検査を行いました。

st2.jpg
たくさんの鉄骨がありますね。

st3.jpg
鉄骨の溶接はロボットが全自動で溶接しています。

st4.jpg
出来上がった鉄骨の寸法を測ったり、
溶接したところは超音波試験で溶接内部がきちんと溶接されているか確認します。
合格後現場に運び込まれます。

st5.jpg
いよいよ建て方です。

st6-1.jpg
精度も良くきちんと建てられていきます。

st7.jpg
安全ネットもきちんと張って。

st8.jpg
建物の形がなんとなくわかってきましたね。

次は外部の工事が始まります。


ところで話は変わりますが・・・

現場近くにとてもすばらしい施設があるんです。

un1.jpg
植村直己冒険館 平成6年オープン。
ぱっと見、建物なのか公園なのか良くわからないほど環境に溶け込んでいます。

un2.jpg
ぐるっと回ってみたらやっぱり建物です。

un3.jpg
ここが入口のようですね。ずーーーと中に入っていくと、

un4.jpg
建物の中はこうなっています。
大地を切り裂くクレバスを表現しています。
すごいですね。約200mあります。

un5.jpg
ここからが展示ルームになっています。

un6.jpg
ここには植村直己の装備品や世界から集められた品々、
記録映像がたくさん展示してあります。
ここから先は撮影禁止なので、是非訪問してご覧ください。
いい顔していますね。ここに立っただけでも感動してしまいます。

un7.jpg
「植村直己冒険館」

 兵庫県豊岡市日高町伊府785
 tel 0796-44-1515
 開館時間 am9:00~pm5:00
 休館日 水曜日
 入館料 大人 500円

植村直己がよく言っていたこと、
『不安な時は、小さなことでもいい、今できる行動を起こすこと』
『あきらめないこと、どんなときでも決してあきらめないこと』


大阪 中之島図書館

前回のつづきです。

nt1.jpg
中之島図書館 1904年(明治37)竣工
大正11年に左右の両翼を増築して現在の形になっています。
とても図書館に見えないですね。神話にでてきそうな建物です。

nt3.jpg
街灯も風格があります。

nt4.jpg
全景です。てっぺんには青い屋根が。

nt5.jpg
一部がドーム型屋根になっていますね。

nt6.jpg
この正面の入り口は閉鎖されていて、
左右の入り口から入れるようになっています。


こちらが入り口です。
建物内部は撮影の申請をして許可をもらって撮影できるようになっています。

nt9.jpg
どうですか。いいですねえ、この感じ。
ここは中央の吹き抜けのロビーです。本当にすばらしいです。
上を見上げると・・・

nt10.jpg
ドーム型天井どーーーん!

nt11.jpg
手すりの細工もとてもすばらしいです。

nt12.jpg
階段を上がっていきます。
図書館って感じがしないですね。

nt13.jpg
どこかの迎賓館のようです。

nt14.jpg
もうなにも言葉はいりません。
吸い込まれそうですね。

nt15.jpg
ところどころ欠けています。歴史を感じますね。

nt16.jpg
こういうところで読書や調べ物したいですね。
もちろん今でも現役バリバリの図書館で、
この日もたくさんの方が読書したり調べ物をされていました。

nt17.jpg
夜はライトアップされてこんな感じになっています。
いいですね。



大阪 中之島 日銀大阪支店

中之島は堂島川と土佐堀川に挟まれた中州です。
大阪のビジネスの中心というだけじゃなく、近代建築もたくさんあるんです。

ng1.jpg
中之島を通る御堂筋沿いに日本銀行大阪支店があります。

ng2.jpg
1903年(明治36)竣工
煉瓦造・石造2階建 地下1階
前に大きな木があって見えないですね。

ng3.jpg
ちなみに冬場に撮影するとこんな感じです。

ng3-1.jpg
正面からもいいですね。
屋根の青銅板の薄緑色と紅葉の色がいいです。

ng4.jpg
これぞ銀行建築って感じの重厚感です。
シンメトリーなデザインがいいですね。

ng6.jpg
細かな装飾がすばらしいです。

ng7.jpg
現在この建物は使用されておらず、この後ろに建てられた新館で業務されています。

ng8.jpg
ここにはもともと郵便局があったんでしょうか

ng9.jpg
それでポストがあるんですね。
でもこんなポスト初めてです。建物にあわせたんでしょうか。

ng10.jpg
ポスト上にはこんな彫刻が・・・ みんなで支えあってますね。

ここは夜になるとライトアップされていて、


ng11.jpg
こんな感じです。

ng12.jpg

ng13.jpg
いいですねえ。


幻想的です。

ng14.jpg
御堂筋を隔てて大阪市役所と向き合っています。
こっち方面に歩いていくと土佐堀川があって、

ng15.jpg
なんか音がすると思って見てみると、
さすが水の都大阪ですね。船もかっこいいです。

ng16.jpg
んーーーーー!

ng17.jpg
わ、わ、わ、わ、行くのかぁ?行けるのかぁ?

ng18.jpg
行っ

ng19.jpg
たぁーーー!!

ng20.jpg
この辺は公園にもなっていてこの日もイケメン2人がダンスの練習してました。
もう少し歩いていくと、

ng21.jpg
おおーーーー!!!


つづきます。



兵庫県 豊岡市 物流センター 設計 建設 その1

以前こちらでご案内したつづきです。

基礎工事の状況です。

zk.jpg
建設場所の基礎地盤は事前にボーリング調査をして、
比較的浅いところに固い地盤があったんですが、
以前は山だったところもあるので、部分的に地盤改良を行いました。

ks.jpg
地盤改良工事の完了後は基礎をつくるための掘削工事です。

as.jpg
掘削工事が完了したら鉄筋を組み立てて、鉄骨の柱を建てるところに、
アンカーをセットします。

kw.jpg
鉄筋工事の後は基礎のコンクリートを流し込むために型枠を設置します。

cd.jpg
型枠の組み立てが完了したらコンクリートのポンプ車を使用して、
丁寧にコンクリートを流し込んで締固めます。
長~いのがコンクリートポンプ車です。

ck.jpg
コンクリートの強度を確認して、型枠をはずします。
基礎工事は地味な作業に見えますが、とても大切な工程です。

基礎を埋め戻した後、いよいよ建て方が始まります。


ところで話は変わりますが・・・


建設場所の近くにあるんです。
マイナスイオンたっぷりのパワースポットが・・・

jg1.jpg
この橋を渡るんですが、これがまたなかなかの佇まいの橋で・・・

jg2.jpg
ここをずーーと歩いて行くんですが、雪がありますねえ。
実はこの時3月です。

jg4.jpg
んーーーーー!落・石・注・意!!
でも引き寄せられるように入っていくと、

jg5.jpg
水子さんたちが供養されていました。
もう少し入っていくと、

jg6.jpg
滝、どーーーーん!!!
十戸(じゅうご)の滝といいます。
滝の裏には不動明王が祀られているそうです。
雪解け水で水量がすごくて、ものすごい滝音です。
マイナスイオンも半端ないです。

jg7.jpg
現在はこんな穏やかな感じです。
とても暑い日だったんですが、とても癒されました。

jg8.jpg
この稲葉川にはこの他にも滝の見どころがたくさんあります。
いいとこ見つけました。



明治神宮外苑 聖徳記念絵画館

結構有名な建物なんでしょうか?
全然知りませんでした。
東京の明治神宮外苑にあるんです、「聖徳記念絵画館」

m1.jpg
1926年(大正15)竣工 鉄筋コンクリート2階建
延べ面積4700㎡ 幅112m 高さ32m
国会議事堂みたいですね。

m2.jpg
明治天皇と昭憲皇太后の御遺徳を後世に伝えるために造営された、
明治神宮外苑のシンボルです。

m3.jpg
威風堂々。人と比較すると大きさがよくわかりますね。

m4.jpg
どこから見てもすごい迫力です。

m5.jpg
この3連アーチがとてもいい感じですね。

m6.jpg
こちらが入口です。

m7.jpg
その上も3連アーチ窓になっています。

m8.jpg
ステンドグラスがとても神秘的です。

m9.jpg
続々と観光バスが到着してきました。
テレビのロケとかでよく見かける銀杏並木もここです。
またいつか見たいですね。


ところで・・・



m10.jpg
その横には国立競技場があります。こんなところにあるんですね。
なにかのイベントの準備中でした。
ん?上の真ん中の黒い筒みたいなものは・・・

m11.jpg
聖火台じゃないでしょうか?

m12.jpg
そしてその先にはゴルフ練習場やその横には、

m13.jpg
神宮球場どーーーん!
大学野球の聖地です。

m14.jpg
球場の外周の通路はいい雰囲気です。
往年の名選手や祐君もここを歩いたんでしょうか?

m15.jpg
どうですか、この土間の感じ。

m17.jpg
こちらが正面です。

高校野球の聖地、甲子園球場はピカピカにリニューアルされてしまったんで、
このたまらない雰囲気の明治神宮球場はできるだけ長くこのまま維持してほしいですね。



鳥取県 米子市 物流センター建設

鳥取県米子市で物流センターを建築中です。
ある企業様の山陰の拠点となる施設です。

k1.jpg
鉄骨造3階建です。1、2階が倉庫で3階が事務所となっています。
1階はプラットフォームになっていて、倉庫部分は天井が高く設計されているので、
建物の高さは4階建くらいあります。

k2.jpg
庇も物流センターらしく大きいですね。

k3.jpg
先日は上棟式が行われました。

k5.jpg
たくさんの方々がご参加されました。
最近では上棟式は簡単に済まされることが多いのですが、
身の引き締まる思いです。

k6.jpg
「千歳!」 「万歳!!」 「永永棟!!!」

k7.jpg
上棟式の後、お客様に建物内をご案内しました。

k8.jpg
ここはとても眺めも良くて大山もきれいですね。
完成が楽しみです。

またこちらでご案内いたします。



鳥取市 末恒小学校 耐震補強工事③

以前こちらでご紹介した鳥取市立末恒小学校の耐震補強工事が完成しました。

sb3.jpg
耐震補強工事を行った建物もずいぶん見慣れてきましたね。
デザイン的にもシンプルでいい感じですね。

sb4.jpg
耐震補強工事のほかに外部、内部もリニューアルしました。

sb5.jpg
教室の中はこんな感じになっています。
耐震補強のブレースが窓側にどーーんってありますが、
これはこれでいいんじゃないでしょうか。

sb6.jpg
今にも子どもたちの声が聞こえてきそうですね。

sb7.jpg
共用部分やお手洗いも全面的にリニューアルされました。

sb8.jpg
廊下側にも耐震ブレースが取り付けられています。

sb1.jpg

sb2.jpg
完成検査も防災関連、耐震関連を中心に念入りに行いました。

校舎の内部もかなり改修したんですが、ところどころ思い出があるところは残されていたり、PTAの方々の奉仕作業でされた塗装など記念になるものはそのまま残っているところもあります。
設計上、意図したことではないかもしれませんが、こういう改修方法もいいですね。

その他の福祉・教育施設の実績もこちらでご紹介したおります。



前の10件5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

ページの先頭へ

懸樋工務店は、建設会社です。お客様に本当に必要な建物を設計・施工・メンテナナンスします。

カテゴリ一覧

・・・

月別記事一覧

・・・

最新記事

・・・
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合せ
・・・